スズキ新型ジムニーを1万5000円以下のパーツ群でメイクアップ! (1/4ページ)

スズキ新型ジムニーを1万5000円以下のパーツ群でメイクアップ!

愛工房の新作内外装パーツ12点を紹介

 人気の新型スズキ・ジムニー(JB64型)を手軽にドレスアップできるのが愛工房のアイテムだ。すでにリリースしている質感の高いポッティングタイプのステッカー類8アイテムに加え、新たにエクステリア&インテリアを彩る12種類のジムニー用パーツを追加。愛工房が得意とするステッカー類のほか、クロカン4WDのジムニーらしさを演出するアイテムばかりだ。

【泥除け】
純正オプションより大型タイプでワイルド感が向上

 ボディはコンパクトだが、国産車としては希有なオフロードタイプのSUVである新型ジムニー。歴代モデル同様、クロカン走行にも対応できる資質を持っている。そんなハードなイメージに仕立て上げるのがマッドガード(泥除け)だ。

愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

 純正オプションでも用意はされているが、写真のようにコンパクト。それに比べると愛工房の「泥除け」はひと回り大きい。しかも、下方向に長いからクロカン4WDらしい雰囲気に仕上げることが可能なのだ。

 材質は、EVA樹脂を採用しているので、見た目通りの剛性を確保。取り付けは、基本は純正のネジ穴(リヤ用は両面テープも併用)を使用するのだが、さらに付属の専用ステーでフラップが不用意にフラつくことを抑制している。

泥除け(1台分セット)
色:赤、黒
価格:1万5000円(税込み)

【スペアタイヤカバー忍】
背面タイヤの盗難を予防する小さなアイテム

 リヤドアに装着されているスペアは、ある意味ジムニーというかクロカン4WDのアイコンになっている。ところが、意外にも盗難されるケースも多いそうだ。純正スペアタイヤカバーは、中心部のナットでネジ止めされているだけ。これを外せば、カンタンにカバーも取り外せて、タイヤを固定しているナットにアクセスできてしまうわけだ。そこで愛工房では、スペアタイヤカバーを固定しているナットにカバー付ける「スペアタイヤカバー忍」を開発した。

愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

 取り付けは純正ナットで付属アルミ製ネジ山付きリングを共締めするだけ。愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

 さらに専用のプラスチックカバーをねじ込んでいくだけと簡素な構造。ところが、プラスチックカバーを締めるネジが専用品ゆえ、しかも前述のアルミ製ネジ山と相まって壊しにくい構造になっている。

 実は、このアルミ製リングは純正ナットを締めるタイヤレンチが入るスペースを確保しつつ防犯性も両立できる厚みになっているのだ。愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

スペアタイヤカバー忍
価格:6000円(税込み)

【スペアタイヤカバーシール】
リヤビューでも個性を主張できる

 ブラックでツルンとしたスペアタイヤカバーに個性を添えるのが「スペアタイヤカバーシール」だ。上下2分割式で構成され、貼付追従性に優れるラミネート加工が施されている。愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

 カラー&柄は5パターンを用意。すでにリリースされている同社のリヤドアヒンジカバーと合わせてトータルコーディネートするもいいだろう。愛工房が新型スズキ・ジムニー用アイテム12点を新発売

スペアタイヤカバーシール
色:迷彩、木目、黒カーボン、豹柄 黄、豹柄 グレー
価格:6500円(税込み)


画像ギャラリー