RAYS、シンガポールで新作ホイール発表! トップクラスの品質とデザインに熱視線

RAYS、シンガポールで新作ホイール発表! トップクラスの品質とデザインに熱視線

世界30カ国以上で販売されているレイズホイール

 ホイールメーカーの「レイズ」は、10月1日にシンガポールのCo Space Parkで「レイズワールドツアーシンガポール展示会」を開催。アジア地域の代理店やディーラー、メディアなど約80社が集まった。

RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

「コンセプト・イズ・レーシング」を企業理念にするレイズ。モータースポーツカルチャーを創造するため、レーシングホイールサプライとしても長年活動を続けている。今年のWEC(FIA 世界耐久選手権)ル・マン24時間レースでは、レイズの鍛造マグネシウムホイールを装着したトヨタ・ガズーレーシングのTS050ハイブリッドが2年連続で優勝するなど、輝かしい実績を挙げたことは記憶に新しい。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

 極限の世界で戦える商品開発とノウハウ、そして歴史に裏付けされた日本製という信頼性こそレイズのコンセプトて「コンセプトイズレーシング」となっているのだ。そのようなMade In Japanならではの高い信頼性と品質を誇るレイズ製ホイールは、約30カ国、230社以上のディーラーで販売されている。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

 シンガポールを中心にしたアジア地域への販売のきっかけは、約20年前にスタンフォードタイヤのウィーコックワ社長(写真右・左はレイズ三根社長)との出会いから始まったそうだ。スタンフォードタイヤとは、アジア地域を中心に約20拠点以上を展開する創業80年以上の老舗の会社だ。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

 レイズの海外販売拠点としては長い歴史のあるシンガポール。今回、ワールドツアーの会場に持ち込んだホイールは、ボルクレーシング、グラムライツ、HOMURA、ベルサス、VMF、チームデイトナの計6ブランド約70本。その展示数も圧倒的だったが、三根社長が新作「VOLK RACING 090」、「グラムライツ57FXZ」、「VERSUS VMF」の3モデルを自ら紹介するなど、期待度の高さが伺えた。

 まず、『VOLK RACING 090』は、GT3レース開発したレースホイールのロードゴーイングモデル。スポークのサイドに5軸加工機で孔を開け、軽量化と視覚的な刺激を与える設計を施す。高級スポーツカー、セダン、SUVがターゲットだ。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

『グラムライツ57FXZ』は、来年よりTCRレース向けに展開するホイールの市販バージョン。 キャスティングモノブロックというレース・レギュレーションに合わせて設計を施し、その性能をストリートにフィードバックしたモデルだ。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

 そして『VERSUS VMF』は、鍛造ホイールの新しい切り口としてデザイン性を重視したラグジュアリーテイストを表現。従来の軽量、高剛性と走行性能に特化したモータースポーツ向け鍛造ホイールではなく、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)といった車内の快適性を意識した仕上げ。ターゲットのレクサス、ベンツ、BMWにマッチしたデザインと操縦安定性を提案する。RAYSが日本品質をシンガポールでアピール

 会場ではホイールブランドごとに展示を行ない、各ブランド担当者がスタンバイ。来場したディーラーの人は熱心にさまざまな質問を投げかけるなど、シンガポールでのレイズホイールの人気ぶりを感じさせるものだった。

 クルマにとってホイールは、走行性能を支える重要保安部品のひとつ。ファッション性も重要ではあるが、安心・安全は決して欠かすことができない要件だ。このようなイベントを通じて、レイズはMade In Japanならではの高いクオリティで、世界の人たちに安全・安心・高性能を提案している。


画像ギャラリー