三菱、電動コンパクトSUVとスーパーハイト軽ワゴンの新型を東京モーターショーに出品

三菱、電動コンパクトSUVとスーパーハイト軽ワゴンの新型を東京モーターショーに出品

コンセプトモデル2台を東京でワールドプレミア

 三菱自動車工業は、第46回東京モーターショー2019(2019年10月24日~11月4日・東京ビッグサイトほか)で、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー「MI-TECH CONCEPT(マイテック・コンセプト)」及び新型軽コンセプトカー「Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴン・コンセプト)」を世界初披露する。

 また、2019年3月のジュネーブ国際モーターショーで世界に先駆け公開したミッドサイズの電動SUVコンセプトカー「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー)」を日本初披露する。

新型PHEVシステム搭載のコンパクトSUV

 マイテック・コンセプトは、「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をコンセプトとして開発されたスモールサイズのSUVだ。軽量・小型化した新型プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムや、4モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術などを投入。三菱のブランドメッセージである Drive your Ambitionを体現するコンセプトカーとなっている。

三菱が東京モーターショーに電動コンパクトSUVと新型スーパーハイト軽ワゴンを出品

走りも軽快な新世代スーパーハイト軽ワゴン

 スーパーハイト軽ワゴン・コンセプトは、ドライバーが抱く「いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」という気持ちに応えるべく開発され新世代モデルだ。

 外観は、流行のSUVテイストのを盛り込んだデザインを取り入れることで、スポーティなイメージを演出。スーパーハイト軽ワゴンならではの広々とした居住空間を最大化させつつも、キビキビと小気味よい走りも両立させることで、快適なドライビング性能を実現している。

 また、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」や衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど、「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術を採用。ドライバーの負担を軽減し、乗る人すべてに安心・安全を提供してくれる。

三菱が東京モーターショーに電動コンパクトSUVと新型スーパーハイト軽ワゴンを出品

新型PHEVシステム採用のミッドサイズSUV

 ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラーは、ミッドサイズのボディを持つ、新世代のクロスオーバー電動SUVだ。ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載、どんな気象条件や路面状況でもドライバーが自信をもってドライブできる高い走行性能と、PHEVならではの長い航続距離が特長だ。

 また、PHEVシステムを構成する様々なコンポーネントを搭載しながらも、3列シートによる多人数乗車を可能とする独自のパッケージングにより、SUVとしての魅力をいっそう高めている。

三菱が東京モーターショーに電動コンパクトSUVと新型スーパーハイト軽ワゴンを出品

 ブースでは、ほかにもプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」、ミニバン「デリカD:5」、軽ハイトワゴン「eKクロス」など、国内で販売する主力モデルも出品される。


画像ギャラリー