コンパクトSUVのBMW X1に新型が登場! 新デザインと実用的な新機能で一新

コンパクトSUVのBMW X1に新型が登場! 新デザインと実用的な新機能で一新

BMWのSAVらしい活発な個性が際立つ

 ビー・エム・ダブリューは、高い人気を誇るコンパクトSUV「BMW X1」の新型モデルを発表。BMWの新世代デザイン・コンセプトを採用した新しいフォルムや、大型のタッチパネルディスプレイ、先進の安全運転支援システムなどを採用した注目モデルだ。

コンパクトSUVの新型BMW X1は新デザインと実用的な新機能を採用

 BMWがプレミアム・コンパクトSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と位置付ける X1は、2015年に誕生し2018年の世界販売台数28万7000台を記録したヒットモデルだ。

 その新型は、まず外装にLEDヘッド・ライトや一体型となり大型化したキドニー・グリル、より一層デザインを強調したL字型のテール・ライトなどを採用。

 フロントLEDフォグ・ライトはバンパーに組込んだ形状に変更し、エア・インテークを大型化すると共に、乗降時に「X1」の文字が足元に浮かび上がるロゴ・プロジェクターなども装備することで、アクティブなイメージを際立たせている。

コンパクトSUVの新型BMW X1は新デザインと実用的な新機能を採用 装備面では新たに、大型化したタッチ機能付き10.25インチのディスプレイや、携帯機器用のワイヤレス・チャージング機能を標準装備とし、実用性を向上させた。

 フルカラー化したヘッドアップ・ディスプレイをオプション装備としてラインアップすることで、より運転支援の面での機能も充実させている。

 また、6色のLED照明で室内を演出するアンビエント・ライトを初搭載すると共に、インスツルメント・パネルおよびセンター・コンソールにステッチを採用し、上質な室内空間を作りあげている。

コンパクトSUVの新型BMW X1は新デザインと実用的な新機能を採用 総合テレマティクス・サービスのBMWコネクテッド・ドライブを標準装備したことで、ユーザーの利便性もさらに向上した。車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして周囲の情報をITネットワークで繋ぐこの機能は、天気からおすすめのレストラン、フライト時刻など、様々な情報をドライバー・サポート・ディスクのオペレーターが提供するというもの。

コンパクトSUVの新型BMW X1は新デザインと実用的な新機能を採用

 また、2018年に導入したスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」も使い勝手が抜群だ。スマートフォンから目的地を車載ナビゲーションシステムに送信したり、大切な用事を忘れないようにリマインダーを設定するなど、車とユーザー、情報をシームレスに繋いだ様々なパーソナル・アシスタント・サービスが受けられる。

 同モデルは先進の運転支援機能も充実。車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを含むBMWドライビング・アシストが標準搭載されている。

 

【詳細はこちら】

コンパクトSUVの新型BMW X1は新デザインと実用的な新機能を採用


画像ギャラリー