キャタピラから脱着式操作器具まで、アウトドアやクルマ共有の楽しみを与える福祉機器 (1/2ページ)

キャタピラから脱着式操作器具まで、アウトドアやクルマ共有の楽しみを与える福祉機器

移動することが楽しい福祉機器の数々

 高齢化社会を見据えてさまざまな機器が展示された「国際福祉機器展」で、便利なだけじゃない福祉機器を発見。高齢者や障がいをもった人にとって移動すること自体が楽しくなる「乗りもの系」福祉機器3種類をピックアップしてみた。

アクショントラック

 見た人の多くがTVアニメ「機動戦士ガンダム」の登場メカである「ガンタンク」を連想したという電動車イスがこちら。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 埼玉県にあるサポートマーケティングサービスが輸入している「アクショントラック スタンダー」という製品で、海辺、不整地、降雪地といった通常の電動車いすやシニアカーでは乗り入れできなかったところにも入っていけるのが特徴(歩道、公道走行は不可)だ。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 ごらんのとおりしっかりしたキャタピラを備えていて、搭載モーターも高出力。約178kgある車体に抵抗の大きいキャタピラーという足もとながら速度は6km/hまで出すことができる。1回の充電で走行できる距離は12.8kmと十分な性能なのだが、フレームにステーを増設して、そこにスペアバッテリーや小型の発電機を搭載すれば連続走行距離をさらに伸ばすこともできるという。

 また、アクショントラックスタンダーは運転者をベルトでシートバックやレッグサポートに固定したあと、シートが電動で起き上がり運転者を直立させることもできるので、自分で立つことが困難な人でも立ち上がっての動作をすることが可能。なお、このほかのモデルとしてシート稼動機能のない「アクショントラック チェアー」も用意している。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 このようにアクショントラックシリーズがあれば、キャンプや川辺での釣りなど、これまで歩行が困難な方には体験しにくかったレジャーの挑戦もできる可能性がある。

 価格や詳細は販売元のホームページから調べて頂くとして、実用性が高いのものが多い電動車いすにおいて、所有することで趣味の世界の広がりを感じさせるアクショントラックは特別な存在。使用条件などの制限も多いが欲しい人はぜひ欲しい。そんな乗り物ではないだろうか。

 

アクセル/ブレーキ手動運転用の脱着式装置

 製造現場や研究施設、自動車修理工場などに向けた油圧ジャッキを製造販売する今野製作所が手がけた運転補助の器具。脱着式の手動運転装置「SWORD(ソード)」だ。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 ソードは手元にくるグリップ部を引いたり押したりすることで器具のプレートで固定したアクセルとブレーキを操作するというもの。取り付けや取り外しが容易なので、必要に応じてふつうのクルマをハンドドライブ仕様にあつらえることができるのだ。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 ソードでのアクセルやブレーキ操作が可能かは、それぞれの身体の状態で異なるが、使えるとなれば健常者の家族が所有するクルマをシェアできるようになる。それに加えて自分のクルマを購入するときも運転補助の器具付きである必要がないので選べる幅が広がるし、クルマの改造が不要なら最近の新車販売で主流になっている残価設定ローンを選択することだって可能だ。

アウトドアやクルマ共有など移動の楽しみを与えてくれる福祉機器

 このように障がい者の方に「クルマ選びの楽しみ」を提供してくれるのがソード。福祉機器は障がい者の身体の動きをサポートするものであるが、こういった気持ちの楽しみをサポートするアイテムも大事だ。ソードの存在にもっとスポットが当たることを期待したい。


画像ギャラリー