あおり運転を記録できるリヤカメラは必要? ドライブレコーダー選び方のポイント (1/2ページ)

あおり運転を記録できるリヤカメラは必要? ドライブレコーダー選び方のポイント

タイプ別のメリットとデメリット

 あおり運転による事件や交通事故の映像が報道されるにつれ、ドライブレコーダーへの関心が高くなっている。中でも人気を呼んでいるのが、カメラをクルマの前後に取り付ける「2カメラ型」というタイプ。当初はドライブレコーダーといえば、前方を撮影して万が一の事故に備える「1カメラ型」が主流だった。それがいまや、2カメラ型は1カメラ型を上回る人気を呼んでいるという。

 その主たる要因としてあるのは間違いなく「あおり運転対策」。少しでもあおり運転被害に遭わないようにしたいという気持ちが2カメラ型の注目を集めているのだ。そんな背景の下、2カメラ型ドラレコはどんなタイプがあるのかを解説してみたい。

後方用カメラにオススメのカギがある

 2カメラ型でもっとも一般的なタイプは、車両の前方と後方を同時記録するタイプ。さらに細かく分けると、前方用カメラは車内側に設置するものの、後方用に関しては車内側(リヤガラス)もしくは車外側に設置する2タイプがある。車内側に設置するタイプが大半だが、これだとリアガラスのスモーク処理(プライバシーガラス)の影響を受けやすい。昼間なら輝度が十分得られることで、むしろ撮影用のPLフィルターのような効果が生まれて、コントラスト効いたメリハリのある映像になるが、問題は夜間などの輝度が落ちた状況。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 当然ながら前方よりも捉える映像は暗くなった中、カメラ側もその分だけ感度を上げることになり、これがノイズを増やし解像度を甘くする要因となる。そこで、最近は後方用だけに夜間での感度特性に優れるソニー製「STARVIS」をセンサーに使う機種が登場。さらにスモークガラス越しで使うことを前提に、画像処理を行う機種も登場してきている。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 そして、意外と見落としがちなのが後方用カメラの画角。前方は広い方が走行中の状況を捉えるのに都合がいい。しかし、後方用はその逆。ドラレコとしてはクルマが走行中の映像を捉えるわけだから、画角を多少狭くして後方から迫ってくるクルマの様子を捉えられるようにしているカメラの方が適切。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 機種の中には後方も広視野角を謳う機種があるが、これだとあおり運転を仕掛ける車両は小さくしか映らないことを憶えておこう。また、2カメラタイプは左右の記録、すなわち側面衝突への状況把握にはあまり向いていないと言えるだろう。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 また、リアエンドにカメラを設置するわけで、取り付けの手間がかかるというのが最大の問題点。素人では配線の取り回しといった処理が難しく、ショップに頼めば工賃は意外に高いことも少なくない。この辺をどう考えるかが最大の悩みとも言えるだろう。

車内撮影タイプは赤外線カメラがオススメ

 もうひとつの車内向けに設置するタイプ。先ほどの取り付け面では配線を引き回すことが少ないので、取り付けは簡単に行えるだろう。そして、画角については逆に車内を広いことが好ましい。これによって車内をくまなく撮影できるだけでなく、側面衝突時の状況を捉えられるという副産物も生まれるからだ。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 撮影感度についても、常に外部よりも輝度が低くなる車内を撮影すること強いられるため、できるだけ感度が高いセンサーを使っていることが望ましい。ただし、それでも夜間に照明なしで状況を捉えるのは難しいだろう。2カメラタイプや360度タイプなどドライブレコーダー選び方のポイント

 そこでお勧めなのが赤外線カメラ。人間の目に見えない対象物を赤外線ライトを当てて撮影することで昼夜を問わず鮮明に記録することができる。ただし、映像はモノクロとなり、人の目が不自然に光ったりと、あくまで状況記録のための映像と考えたい。まだ、機種数は少ないが、この機能は業務用途では一般的になっているほどで、裏返せば車内撮影用としては赤外線カメラでないと、特に夜間では実用にならないと思った方がいいということだ。参考までに後方撮影用としてこのカメラは使われない。赤外線ライトは遠くまでは届かないからだ。


画像ギャラリー