カーフェリーで行く旅! 九州には新造船ラッシュで優雅な旅行が満喫できる

カーフェリーで行く旅! 九州には新造船ラッシュで優雅な旅行が満喫できる

豪華内装のカーフェリーで行く今風クルマ旅

 旅行はクルマで! というオーナーはまだまだ多いだろうが、長距離ドライブになるとドライバーには負担がかかるし、同乗者にとってもけして楽とはいえない。特に小さな子供やお年寄りがいる場合はなおさらだ。それなら、飛行機、電車など公共機関を使えば楽々いける……となるのだろうが、荷物が多かったり、旅行先での移動が面倒だったりと、自由度がない。そんな時、オススメしたいのが、にわかに注目が集まっているカーフェリーでの旅だ。

 メリットは数多く、クルマで移動できるので荷物が多くても問題はなく、お土産だって沢山買える。当然、カーフェリーでの移動中は運転しなくて済むわけだから、ドライバーのお父さんもマッタリと晩酌、足を伸ばしてゆっくり眠れるし、寝ている間に目的地へ到着するわけだから、こんなに素敵なことはない。九州への旅はさんふらわあ、名門大洋フェリー、阪九フェリーがおすすめ

 そんな素敵なカーフェリーでの旅、なぜ今オススメするかというと、ここ数年長距離フェリーには新造船が相次いで登場。その船の豪華さといったら、ここは高級ホテル? というくらいすべてがイメージチェンジし、昔のフェリーのイメージは皆無。

 ファミリーに最適なファミリールームやツインベッドの個室、バリアフリーのスイートルームやデラックスの和室など魅力的な客室がズラリ。大部屋となるツーリストルームもカーテンでの仕切りが装備されているので、プライバシーもしっかりと守られ、以前に比べ個室ルームが増えているというのも新造船の特徴だ。さらにバイキング方式のレストランや展望浴場、ゆっくり船旅を楽しめるようパブリックスペースも充実するなど、船旅はさらに魅力的なものになっている。九州への旅はさんふらわあ、名門大洋フェリー、阪九フェリーがおすすめ

 また、前日の夕方からカーフェリーで出発して寝ている間に目的地に到着。現地で朝から思い行きり遊んで夜には再びカーフェリーで帰路に着くという、体力的にも負担をかけずに現地0泊(船中2泊)の弾丸ツアーだって可能。朝に到着してから、そのまま出社、なんて強者にだってなれそうなくらい、船旅はとても快適で、とっても楽しい。九州への旅はさんふらわあ、名門大洋フェリー、阪九フェリーがおすすめ

 新造船で注目されるルート&フェリーは、大阪・神戸ー九州の3路線を運航している「フェリーさんふらわあ」。2018年に総トン数約13,659トンの2隻を就航。すでに多くの評判を得ており、バルコニー付きスイートルームやドックランまでも用意。船上ではヨガ教室なども開催され、各種イベントで船旅を満喫できる他にもジャズやコンサートといったイベントやキャンペーンも実施しているのでチェックして欲しい。九州への旅はさんふらわあ、名門大洋フェリー、阪九フェリーがおすすめ

 また、大阪ー新門司(北九州)を運航してる「名門大洋フェリー」も、2015年に約15000tの新船2隻を就航。展望ストリート、展望レストラン、展望大浴場で眺めにこだわった造りが人気を呼んでおり、キッズルームや授乳室も設けているほか、星空観望会などでファミリー層に最適なイベントも開催。

 泉大津(大阪)・神戸ー新門司を運航している「阪九フェリー」も2015年に約13500トンの新造船2隻を就航。船内は露天風呂や畳で敷かれた和室個室、海を見渡せる展望ルームなど、バリエーション豊かな部屋が魅力。また、2020年には、さらに新造船2隻の就航を予定しており、ペットと過ごせる部屋も登場予定とのことだ。
*下写真はさんふらわあのドッグランコーナー九州への旅はさんふらわあ、名門大洋フェリー、阪九フェリーがおすすめ

 他にも神戸ー宮崎を運航する「宮崎フェリー」でも2020年に新造船導入の予定があるようで、今後は新造船就航のブームでカーフェリーでの旅行は盛り上がりそうな予感。かつてはあまり綺麗なイメージはなかったカーフェリーだが、いまや清潔感は高くてホテル並の設備やイベントなどで注目度は俄然アップ。

 クルマを使用しない旅行プランももちろん悪くはないのだが、アクセスや行動範囲を考えるとマイカーでの旅行は魅力的。船旅を楽しみながらのんびり浴場につかれば一日の疲れもすっかりとれ、翌朝からの行動も元気いっぱい。
この年末年始、また春先の桜のシーズンなど、安全・快適な船の旅を楽しんでみてはいかがですか?


画像ギャラリー