日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様

日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様

V6ツインターボを搭載し車高を15mmローダウン

 ドイツのポルシェAGは、現地時間の2019年12月17日、ミドルサイズSUVの「ポルシェ・マカン」に高性能仕様の「GTS」を追加することを発表。380psを発揮するよりパワフルなエンジンとパフォーマンスを重視したシャーシにアップデートされ、内外装もリファイン。時期・価格とも未定ながら、日本にも導入予定となっている。

 マカンは、2013年の秋にワールドプレミアされたミドルサイズSUVだ。ヨーロッパでは2014年春から販売され、日本にも2014年の秋よりデリバリーされている。カイエンよりひとまわり小さいサイズで、同じVWグループのアウディQ5とはプラットフォームとコンポーネントの3分の1を共有。

 現在、日本に導入されているのは3グレードとなり、直4の2リッター・ターボ仕様の”マカン”と、V6の2.9リッターにシングルターボの”マカンS”、同じく2.9リッターにツインターボの”マカンTurbo”というラインアップだ。

【関連記事】【試乗】単なるノートの「上級グレード」ではない! 日産ノートオーラが「小さな高級車」と断言できる理由とは

日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様画像はこちら

 新型のマカンGTSも、V6の2.9リッターにツインターボという最強の同じ組み合わせ。GTSとは「グラン ツーリスモ スポーツ」の略語で、エンジンは先代モデル(日本には未導入)より20ps(15kW)アップとなる380ps(280 kW)を発揮。0~100km/hの発進加速タイムは0.3秒短縮されて4.7秒、最高速度は261km/ hとアナウンスされている(数値はすべて欧州仕様)。

 マカンGTSに採用するスポーツエギゾーストシステムは、V6エンジンの特徴的なサウンドをより際立たせたもので、ドライビングプレジャーの向上に貢献。最大トルクの520Nmは先代より20Nmアップしたうえ、1750~5000rpmという幅広い回転域で発生する。NEDC方式による燃費は100kmあたり9.6リッターだ。

 また、新型GTSはフットワークも改善。ダンパーをコントロールする「PASM(ポルシェ アクティブ サスペンション マネージメント)」にチューニングを施し、車高を15mm低くしたことで、シャーシは横方向のダイナミクスを向上。また、オプションの「アダプティブ エアサスペンション」を装着すると、車高はさらに10mm低くなるという。

 さらに、20インチのRSスパイダーデザインホイールを標準装備。より大きなサイズのブレーキディスク(フロント360×36mm、リア330×22mm)の装着が可能となった。このブレーキディスクの表面にタングステンコーティングを施した「PSCB(ポルシェ サーフィス コーテッド ブレーキ)」もオプションとして用意される。日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様画像はこちら

内外装でも”走り”の特別感を演出

 エクステリアでのハイライトは、ブラックペイントが施されたフロントエプロン。これはすべてのポルシェGTSモデルに共通する特徴だ。また、標準装備の「スポーツデザインパッケージ」による前後トリムとサイドスカート、ティンテッド処理が施されたLEDヘッドライトと組み合わされる「PDLS(ポルシェ ダイナミック ライト システム)」と、3DリヤLEDライトバーでも差別化。

 15㎜ローダウンされた車高、サテンブラックの20インチホイールを通して見える赤いブレーキキャリパー、ハイグロス加工されたブラックのトリムストリップ、ブラックペイントのディフューザーやスポーツエギゾーストのテールパイプなど、GTSの個性を主張する数多くのアイテムが装備されている。日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様画像はこちら

 インテリアもそのマテリアルは必見。シート中央部とセンターコンソールアームレスト、ドアパネルに高級素材のアルカンターラを採用。また、ドアパネルにはブラッシュドブラックアルミニウムというハイクオリティ素材を採用した。日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様画像はこちら

 さらにスムースレザー仕上げのスポーツステアリングホイールとシフトパドル、ダイナミックなコーナリング時にも安定した姿勢を保持する8段階調整式のGTSモデル専用スポーツシートを標準装備。オプションには、レザーのカーマインレッドまたはクレヨンのステッチ、さらなるアルカンターラ生地の拡張、BOSEのオーディオシステムなどが用意されている。日本にも導入予定! ポルシェのミドルサイズSUV「新型マカンGTS」は380psの高性能仕様画像はこちら

 なお、日本仕様ではアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、リヤビューカメラとサラウンドビュー機能付きパークアシストが標準装備されるとのことだ。

画像ギャラリー