トヨタ・シエンタに安全装備と快適装備を充実させた特別仕様車「Safety Edition」登場

トヨタ・シエンタに安全装備と快適装備を充実させた特別仕様車「Safety Edition」登場

紫外線と赤外線をカットするドアガラスを採用

 トヨタは、シエンタに特別仕様車 G“Safety Edition”、FUNBASE G“Safety Edition”を設定し、1月7日より発売を開始した。アクセルペダルの踏みすぎやブレーキペダルとの踏み間違いなどが要因で起きる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」などの安全装備を充実化している。

【関連記事】「社外パーツてんこ盛り」は本当にお得か? 間違いだらけの「中古カスタマイズカー」選び

トヨタ・シエンタに安全装備と快適装備を充実化した特別仕様車「Safety Edition」登場画像はこちら

 特別仕様車“Safety Edition”のベースとなっているのは、3列シート”G”グレードで、パワーユニットは1.5リッターエンジン仕様と1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドの2種類を設定する。駆動方式と乗車定員は、1.5リッターエンジン車はFF(前輪駆動)モデルが7人乗り、4WDは6人乗り、ハイブリッドはFFのみで7人乗りだ。2列シート仕様5人乗りのFUNBACEの”G”グレード・ベースは、1.5リッターエンジンと1.5リッター+モーターのハイブリッドを設定。駆動方式はFFのみとなる。価格は211万5300〜252万2300円。トヨタ・シエンタに安全装備と快適装備を充実化した特別仕様車「Safety Edition」登場画像はこちら

 ベースモデルのシエンタG(およびFUNBASE G)は、サポカーS<ワイド>トヨタセーフティセンス(歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプ・レーザーレーダー+単眼カメラ方式)を標準装備。これに特別仕様車“Safety Edition”では、メーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」(2万8600円)、さらにカメラ(左右)・ヒーター付きドアミラー、ステアリング・オーディオスイッチ、6スピーカー、がセットになったメーカーオプション「パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ」(5万8300円)も特別装備して、より安全性を高めている。

 またフロントドアには、日焼けの原因となる紫外線のカット率が高く、太陽光による車内温度上昇を抑制するIRカット機能も備えたガラスを採用。運転席・助手席にシートヒーターも備え、さらにステアリングヒーターまで特別装備しているので寒い季節でも快適だ。トヨタ・シエンタに安全装備と快適装備を充実化した特別仕様車「Safety Edition」登場画像はこちら

 ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカ、センシュアルレッドマイカの4色を設定し、インテリアはシックなブラックを採用する。

画像ギャラリー