フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様2モデルを設定

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様2モデルを設定

フォルクスワーゲンの末っ子に特別な2モデル

 フォルクスワーゲングループジャパンは、同社のSUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」の導入を記念した特別仕様車2モデルの販売を開始した。

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様

 2019年11月末に発売した「T-Cross」は、フォルクスワーゲンの中で最も小さなSUV。全長・全幅・全高は、4,115mm、1,760mm、1,580mmとコンパクトなボディサイズでありながら、広々とした居住性に加えて、クラストップレベルの広大な荷室容量を備え、高い実用性がウリになっている。

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様

 例えば、リヤシートは最大14cm前後にスライド可能。車内のレイアウトをフレキシブルに調整できるのも魅力だ、また、 パワートレインは、1.0リッター3気筒のTSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、軽快かつ俊敏な走りを実現。 SUVならではの使い易さ同様、安全性と快適性においても、上級モデルに採用する先進安全装備を数多く搭載している。

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様

 今回の特別仕様車は、「T-Cross TSI 1st」(¥2,999,000/税込)と「T-Cross TSI 1st Plus」(¥3,359,000/税込)の2モデル。先行車を完全停止状態まで自動追従して走行するアダプティブクルーズコントロール、駐車支援システム、プリクラッシュブレーキシステム、車両後方の死角を監視しドライバーに警告を発するブラインドスポット ディテクションなど、先進の安全装置を標準装備した。

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様

 快適性では、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカーとしての機能を有する 純正インフォテイメントシステム、ケーブルに接続せずにスマホを充電できるスマートフォンワイヤレスチャージングなどを特別装備。フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「VW T-Cross(ティークロス)に特別仕様

 また「T-Cross TSI 1st Plus」は、内外装のカラーを個性的に彩る3色のデザインパッケージとして、ブラッック、オレンジ、グリーンを標準設定とし、ドアミラーやアルミホイールに加えてインテリアも3色の中から選択できる。このデザインパッケージとの組み合わせにより、全21バリエ―ションの中から、自分に合った1台がセレクトできるようになっている。

 

 2019年11月末に発表以来、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて実車を展示する「T-Cross 全国キャラバン」では、使い易いボディサイズやクラストップレベルの荷室容量、多彩なカラーバリエーションなどで高評価の「T-Cross」。フォルクスワーゲンで最も小さなコンパクトSUVは、発表から2か月で発売前にも関わらず、すでに1,800台を超える予約受注となっている。


画像ギャラリー