【社外ホイール決定版】車両タイプ別でみる3メーカーの最新オススメモデル(SUV&4WD編)

【社外ホイール決定版】車両タイプ別でみる3メーカーの最新オススメモデル(SUV&4WD編)

アーバンにキメるか、タフに魅せるか

 インテックス大阪で開催された西日本最大級のカー&カスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」では、新作パーツのお披露目も行なわれた。なかでも足元のドレスアップに欠かせない必須アイテムといえばアルミホイールだ。今回はホイールメーカー「レイズ」「ウェッズ」「ワーク」の2020年モデルから、SUVと4WD系にオススメの1本をピックアップしてもらった。

SUVとクロカン系で異なる人気デザイン

 世界的に人気の車種ジャンルとなっているSUVだが、一般的にはクロカン4WDよりオンロード使用の多いクロスオーバーSUVを対象としている。代表的な車種ではトヨタ・ハリアーやRAV4、マツダCX-5あたり。このあたりの車種だとナット座の直径が国産乗用車に多いサイズ(P.C.D.114.3)なので、ミニバンやセダンにも適合できるホイールサイズのため選択幅は広がる。

 また、トヨタ・ランドクルーザープラドやスズキ・ジムニーでは、先述のP.C.D.やナットホール数が変わるうえ、オフロードタイヤを組み合わせるスタイルが人気の傾向。そのため、ホイールのデザインも一般的なSUVとは異なり力強さをアピールするタイプの人気が高いようだ。

【ウェッズ】

 まず、SUVへのオススメの1本として紹介するのは、ウェッズの「F-ZERO」。軽量・高剛性とデザイン性を融合させる”削り出し鍛造製法”を用いたシリーズで、最新作の『FZ-3(18~21インチ)』は、センタースリットを採用した5本スポークがスポーティで美しいフォルムを描く。クロスオーバーSUVだけでなく、ミニバン、セダンまで上質なスタイルを約束してくれるだろう。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール

 もう1本のオススメは『ウェッズアドベンチャー・HASE SPEC II(ハセスペックツー・16インチ)』。往年の人気クロカン4WD用ホイールを現代のホイール製造技術”AMF”を採用して新たに蘇らせたもので、力強く美しい5スポークは現行ジムニー用にピッタリ。専用モデルなので、ベストマッチングが可能だ。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール

 

【レイズ】

 レイズは、軽自動車&コンパクトカー向けの「A-LAP」シリーズをオススメの1本に挙げてもらった。新作『A-LAP 07X(18インチ)』は、ランドクルーザー(プラド含む)向けの6穴のほか、ジムニー用の5穴も設定。特にジムニー用の18インチ鍛造ホイールはファン待望のモデルだけに注目度したい。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール

 そして、オフロード系ブランド「チームデイトナ」からは、人気の「FDX F6」をベースに5ホール化した『F6drive(18インチ)』が登場。三菱デリカD:5やミドルクラスのSUVがターゲットで、オン/オフどちらのスタイルにもマッチしそうだ。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール

 

【ワーク】

 ワークからSUVにオススメのモデルとして、「クラッグ」の新作2本を紹介してもらった。『PSV(17インチ、18インチ、20インチ)』は、ブラック×マシニングカラーを施した2×6スポークが都会的な雰囲気と力強さをアピール。ランドクルーザーやプラドのほか、17インチのみ114.3-5Hを設定するのでRAV4などミドルクラスSUVにもオススメとのこと。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール

 もう1本の『ガルバトレ(15〜16インチ)』は、オフロードタイヤがベストマッチしそうな11個のエアホールとピアスボルトを採用した3ピースモデル。ターゲットは、現行ジムニーとミドルクラスSUV(16インチのみ114.3-5Hあり)で、足元をタフに飾ってくれるだろう。大阪オートメッセ2020で展示されたSUVや4WD系に似合う、レイズとワーク、ウェッズのオススメホイール


画像ギャラリー