ガソリンの使用期限に要注意! 燃料消費量が少ない「PHEV」の抱える課題と将来を見据えたヒントとは

ガソリンの使用期限に要注意! 燃料消費量が少ない「PHEV」の抱える課題と将来を見据えたヒントとは

ガソリンを使わないEVが魅力となる

 クルマの燃費が向上し、なかには満タンで1000kmも走れる時代になった。結果、ガソリンスタンドでの給油回数が減り、前回入れた燃料がタンクに入ったまま月日が過ぎることも起きているだろう。

 特に、電動化のなかでも「プラグインハイブリッド車(PHEV)」になると、日常的には充電した電気だけでモーター走行できるため、充電し損なったとか、久しぶりの遠出というケースを除いてエンジン始動しないことも考えられる。

 では、ガソリンの使用期限はどれくらいなのだろうか?古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 石油元売り会社では、ガソリン、軽油、灯油などの場合、気温の変化が少ない冷暗な場所での保管であれば半年程度は使用しても問題ないと考えられる(JXTGエネルギー・よくある質問)と回答している。ただし、品質を保証するものではないとの注釈付きだ。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 クルマの燃料タンクは、上記回答にあるような”気温の変化が少ない冷暗な場所”にはない。燃料油(ガソリン、軽油、灯油など)は、光、温度、水分、空気との接触などによって品質変化の影響を受けやすく、温度変化や空気との接触は燃料タンク内で起きているし、湿度を含んだ空気もタンク内に存在するため、水分が加わる可能性もある。ガソリンも軽油も、放置すればいずれは酸化による劣化が起こり、粘りが出て燃料系統(フィルターや配管、燃料噴射装置など)に詰まるような不具合を生じる懸念も出る。

 すなわち、燃料は「できるだけ早く使う」が基本であろう。そのうえで、どれくらいの期間ならばエンジンに支障がないのだろうか。

古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 PHEVを販売している自動車メーカーに聞くと、三菱自は「アウトランダーPHEV」について、約3か月給油が確認されなかった場合は、EVモードが自動的に解除され、エンジンを始動する機能を初期型から採用。それは現行車も同様であるという。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 トヨタのプリウスPHVは、燃料劣化の試験を社内で行ないながら、18か月間(7リッター以上)の給油がなされない場合、イグニッションスイッチを入れたあとメーターに6秒間「長期間燃料が補給されていません。燃料を補給してください」とのメッセージが表示されるようになっているそうだ。

 また、顧客用の取扱説明書によると「12か月ごとに20リッター以上のガソリンを補給」(12か月間の合計給油量を20L以上にする)することを促している。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 輸入車では、BMWのi3にレンジエクステンダー仕様というガソリンで動く発電機が搭載される。必ずということではないが、月に1回はエンジンを回すよう案内しているとのこと。自動車メーカーでも、以上のような対応策としてアナウンスしているわけだ。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 PHEVやレンジエクステンダーなど、電気自動車(EV)以外の電動車両を使う場合、たとえば普段は燃料を満タンにしないとか、長距離移動が予想されるときに燃料を入れるなど、燃料をタンク内に保管し続けない発想が求められるかもしれない。

 となると、いっそEVを購入したほうが余計な気遣いをせずに済むともいえるのではないだろうか。

 

性能とインフラの進化でみえるEVの優位性

 EVについては、充電が面倒であったり、インフラ面で不便という意見はまだ根強い。だが、自宅で充電できれば、あとは出先でどうしても必要になったら充電器を探せばよく、日常的な利用の範囲で充電の心配はせずに済む。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 いまや、近年の新しいEVであれば、一回の充電で走行できる距離が400km前後と伸びたので、移動途中で充電器を探す手間や不安も減っているはず。初代リーフから新型リーフに乗り換えた人からは「もう充電スタンドの看板を気にせず使っている」との声も聞かれる。

 今年は、一充電距離200kmを一つの目安としたEVが新たに登場しそうな予感。それはそれで、EVに慣れた人にとっては十分な距離として選択肢に入ってくるはずだ。家で充電するという普通充電ができるなら、充電の苦労は軽減されるし、普段使わないような容量の大きいバッテリーを搭載するのは無駄なことでもある。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 将来的に、店や施設などに200ボルト(V)の普通充電を増やしていくことで、満充電にはならなくとも50〜100km走れる電気を、常に補充しながら移動することができるようになる。

 いわば「ながら充電」というやつだ。仕事しながら、買い物しながら、食事しながら、お茶を飲みながら、そうした日常生活のなかに、充電の習慣を組み込んでいくのだ。その象徴が、自宅での充電。寝ている間に充電ができてしまえば、生活時間に無駄がない。EVが増えていけば、正しい充電設備の整備が進むだろう。古くなったガソリンでもそのまま乗れる?

 次世代車としてEVが最有力なのは、まさにその点にある。ガソリンスタンドへ立ち寄ったり、燃料を長期間使わずにいて劣化しないか心配したりといった手間や不安をなくせる。頻繁にクルマで長距離移動する人は別としても(そういう人は燃料を長期間使わないことはない)、日常的に近距離しかクルマを使わないのであれば、一気にEVへ切り替えるのが最良の選択ではないだろうか。その意味で、軽自動車EVの商品性は高いと思う。


画像ギャラリー