VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

オプションのセーフティパッケージに追加

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は3月24日、BセグメントのハッチバックであるPolo(ポロ)の仕様を一部変更。オプションで用意されるセーフティパッケージにレーンキープアシストシステムを追加することで、安全性能を大幅に強化した。

 6世代目となる現行モデルのポロは、先進の「MQB」モジュールを採用。これは従来のプラットフォームの枠を超えて、Dセグメントのパサートまで共通のアーキテクチャーでクルマづくりをしようというもので、その中では最小となるポロにメリットが大きいことは容易に想像できる。2018年の日本導入以降、好評を博していることは周知の事実だ。VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

 今回の仕様変更は、人気オプションのセーフティパッケージにレーンキープアシストシステムの「Lane Assist」を追加し、さらなる安全性の強化を図ったもの。VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

 具体的にはフロントガラス上部に設置されたカメラによって走行中の車線をモニタリング。意図しない車線の逸脱を検知するとステアリング補正を行ってドライバーに警告し、ステアリング操作をサポート。VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

 ドライバーの疲労を軽減するとともに、より一層の安全性向上を実現した(写真はTクロス)。オプション価格は、Highline/R-Line/GTI向けが13万2000円、Comfortline Limited向けは15万4000円。VWポロが安全装備を充実化!車線を逸脱すると警告と自動補正でドライバーをサポート

 今回の仕様変更により、「Lane Assist」を採用しているモデルはフォルクスワーゲンのラインアップの中で約8割まで高められた。VGJでは引き続き、フォルクスワーゲンの総合安全コンセプト「Volkswagen オールイン・セーフティ」を強化していくとしている。

 

【詳しくはこちら】

 以下はグレード別の仕様変更内容とセーフティパッケージのオプション価格(税込み)。これ以外のポロの車両やオプションの価格には変更はない。

【Highline/R-Line/GTI向け=¥132,000】
レーンキープアシストシステム「Lane Assist」
駐車支援システム「Park Assist」
パークディスタンスコントロール(フロント&リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
オプティカルパーキングシステム
ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
※Discover Proパッケージとのセットオプション

【Comfortline Limited向け=¥154,000】
レーンキープアシストシステム「Lane Assist」
駐車支援システム「Park Assist」
パークディスタンスコントロール(フロント&リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付き)
オプティカルパーキングシステム
ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)


画像ギャラリー