「これはナビ? いやいやスマホ?」 “Amazonアレクサ”の呼び出しも可能なカロッツェリアの最新カーAV (1/3ページ)

「これはナビ? いやいやスマホ?」 “Amazonアレクサ”の呼び出しも可能なカロッツェリアの最新カーAV

メインユニット2種とサブウーファーを発表

 パイオニアは5月13日、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応し、「Amazon Alexa」の利用もできるディスプレイオーディオ「DMH-SF700」「DMH-SZ700」の2機種と、多彩なコンテンツを大画面で楽しめるタブレット型AVシステムとして、メインユニット「FH-7600SC」、8型タブレット「SDA-700TAB」を発表した。

車内でスマホを使い倒せるディスプレイオーディオ

 ディスプレイオーディオの「DMH-SF700」と「DMH-SZ700」は、「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応するほか、webブラウザによるYouTubeなど無料動画配信サービス再生やAmazon Alexaによる音声操作を実現している。なかでも「DMH-SF700」はフローティング構造の9型HD液晶ディスプレイを組み合わせ、より多くの車種で大画面が楽しめるモデルとなっている。

スマホ&タブレットを車載システムとしてフル活用できるカロッツェリアの新製品
【DMH-SF700】

 一方の「DMH-SZ700」は6.8型ワイドVGA液晶ディスプレイを装備。9型HD液晶ディスプレイを採用する「DMH-SF700」と機能は変わらず、画面サイズを6.8型とすることで価格を抑えている。

スマホ&タブレットを車載システムとしてフル活用できるカロッツェリアの新製品
【DMH-SZ700】

音声認識技術「Amazon Alexa」に対応

 「DMH-SF700」と「DMH-SZ700」は、どちらもiPhoneやスマートフォンを接続するだけで「Apple CarPlay」「Android Auto」の各サービスをディスプレイ上からタッチ操作できる、いわゆる“ディスプレイオーディオ機能”を備えたモデル。

 スマートフォンに保存した音楽再生ができるほか、ナビやハンズフリー通話などにも対応。普段使っているさまざまなコンテンツが車載機として活用できるようになるのだ。

 「Amazon Alexa」の搭載は、市販ディスプレイオーディオ製品として国内初。両モデルに向かって「アレクサ」と話しかけるだけで対話モードに切り替わり、あとは多彩なメディアに接続して天気やニュースのほか、音楽やラジオが楽しめる。

 もちろん、ナビ機能で使うスポット検索も思いついたキーワードを読み上れば一発で対象を探し出す。また音声モードとして、新たに専用「カロッツェリア スキル」を追加搭載し、再生ソースの切替やイコライザー設定などのオーディオ操作も音声で行えるのも見逃せない。

 AV系では、圧倒的な臨場感を実現する「ハイレゾ音源再生(96kHz/24bit)」やハイレゾ音源をBluetoothで楽しめる「LDAC」に対応。圧縮音源やネットワーク動画、映像ソースなどをハイレゾ音源相当にアップグレードする「マスターサウンドリバイブ」機能も搭載した。

 ハード面でも高音質パーツの採用や徹底したノイズ処理を施し、よりクリアで解像度の高い音を実現している。また、解像度1280×720pにも対応したHDMI入力端子を備え、メディアストリーミングプレイヤーの映像を高画質で再生できる。

 両機種とも6月発売予定。それぞれの想定価格は「DMH-SF700」が9万円、「DMH-SZ700」が5万2000円となっている。

画像ギャラリー