スズキのWITHシリーズを取材して「軽自動車」の「福祉車両」が最強と感じたワケ

スズキのWITHシリーズを取材して「軽自動車」の「福祉車両」が最強と感じたワケ

スズキが販売している福祉車両 5台の軽自動車をチェック

 自動車メーカー各社は、車いすの方などをサポートする福祉車両を販売している。車いすに座ったまま移動できる「車いす移動車」や、助手席へ乗り移りがしやすいようにシートが昇降したり回転したりする「昇降シート車」や「回転シート車」などがある。

 今回は、今年創立100周年になるスズキがラインナップしている福祉車両“WITHシリーズ”を例に挙げて、仕様の違いや価格の違いなどを見ていこう。

スズキの福祉車両 WITHシリーズ

「さぁ、笑顔といっしょに出かけよう」をキャッチフレースにズズキがラインナップしている福祉車両が“WITH(ウイズ)シリーズ”。スズキでは、同社の強みを活かした軽自動車ベースの福祉車両5台が販売されている。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 WITHシリーズには大きく2つに分かれている。車いすに乗ったまま乗り降りもスムーズで、車いすから乗り移る必要のない“車いす移動車”と、車いすにからクルマの助手席へ乗り移りができる人に向け、シートがスライド・回転・昇降して車いすの座面に近い高さまで電動で動く“昇降シート車”だ。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 ベース車両はスペーシア、エブリイワゴン、エブリイ、ワゴンR、ワゴンRスティングレーがベース。車いす移動車はラゲッジスペースが高くて広いスペーシア、エブリイワゴン、エブリイの3台。昇降シート車は底床で助手席のドアが大きく開く乗用車タイプのワゴンR、ワゴンRスティングレー2台が用意されている。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

車いす移動車の装備や特徴について

 車いす移動車となるスペーシア、エブリイワゴン、エブリイ3台に共通している最大の特徴が、テールゲート一体型スロープがまずは装備されていること。スロープは車体最後方のバックドア直前に収納。スロープはアシスト機能がついて力いらずで簡単に開閉できるようになっていて、さらには車いすのまま乗せ降ろしができるように電動ウインチとワイヤレスリモコンが標準装備されている。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 また、3台に言えることだが、車いす乗車の際にもリアスペースには頭上、幅、奥行きとも広々としていてゆったりとドライブが楽しめるようになっている。空間に余裕があるので、さまざまなサイズの車いすに対応しているのもメリット。車いす乗車用の3点式シートベルトやつかみやすい形状と高さに配置された手すりなどももちろん装備されている。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 リアスペースは、リアシート付きのスペーシアの場合はリアシートをたたむことで車いす空間が確保でき、車いす乗車時はフロント2名+車いす1名の3名乗車。そしてエブリイ(ワゴン)は、リアシートがアレンジできるようになっていて、助手席側リアシートを利用すれば、フロント2名+助手席側リアシート1名+車いす1名の4名乗車も可能だ。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

昇降シート車の装備や特徴について

 昇降シートタイプのワゴンR(スティングレー)は、車いすから助手席にスムーズに乗り移ることができるよう、電動で助手席シートが乗り降りしやすい位置までスライド・回転・昇降するようになっているのが特徴。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 助手席の昇降は標準装備のワイヤレスリモコンでボタンを押すだけの簡単操作になっているので乗り降りがとてもラク。またリモコンをだけではなくシート側面の昇降スイッチでも操作することが可能だ。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 シートが昇降する際に、乗る人の頭部がドアまわりに接触しないように昇降に連動してシートの背もたれがリクライニングするようになっている。乗車してからは、助手席シート位置を電動で前後にスライドさせたり、背もたれをリクライニングさせられ、またシートの左右両方にスイッチが装備されているので、ドア側からも運転席側からも電動シートスライド&リクライニングの操作が可能。

気になる価格のこと、ぴったりな福祉車両の選び方とは?

 では、軽自動車ベースの福祉車両を選ぶときのポイントをスズキの広報部に聞いてみた。販売台数は以下の通りで、需要の多い車いす移動車を中心に話をうかがった。

【2019年の販売台数】
車いす移動車累計 1999台
・スペーシア 950台
・エブリイ 1049台

昇降シート車累計 230台
・ワゴンR 230台

ー軽自動車を選ぶメリットは?ー

「当社に限ったことではありませんが、福祉車両として軽自動車を選ぶメリットとして、住宅街の路地で使ったり、玄関先での乗り降りなど、小まわりの利く軽自動車が向いている状況が多くあります。また、価格・維持費が安いことも魅力です。車いす移動車の主なユーザーである福祉事業者などの法人は、利用者の送迎のために。個人は、病院などの送り迎えをはじめ、日常での外出にご利用いただいています」。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

ー車いす移動車の価格について。同じ仕様なのに価格差が異なるのはナゼ?ー

 まずは補足。編集部で車いす移動車について調べていたところ、エブリイとスペーシアで乗用車との価格差に大きな開きがある事に気づいた。同じ車いす移動車への改造にも関わらず、明らかな価格差が出たのはナゼか。それに関するスズキの回答が以下の通り。

「価格については、目的、用途により車種も異なると思いますので、どれがお得というモデルではございませんが、FF(前輪駆動車)のスペーシアに対し、エブリイ/エブリイワゴンはFR(後輪駆動)を採用しています。そのため、エブリイ/エブリイワゴンは同様の装備とした場合、床の高さをはじめ改造する範囲が多くなるため、改造費がかかっています」。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

ー車いす移動車のスペーシアとエブリイの特徴(違い)は?ー

「スペーシアは低床設計により実現したワンアクションで開閉でき、突出量の短いスロープが最大の特長です。エブリイ/エブリイワゴンは長い室内長を活かし、車いす上で足を伸ばす必要のある方や、リクライニングタイプの車いすの方にもお使いいただけるので、介助者の負担をより軽減しております。また、4WDやターボも設定しています」。スズキの福祉車両「WITHシリーズ」の紹介と価格や性能に関することをスズキに聞いてみた

 聞いてみると、「なるほど納得!!」ということばかり。福祉車両で軽自動車が選ばれる理由がよく分かった。

※以下補足

ー車いす移動車の装備についてー

【車いす移動車のスペーシア】
ベース車両:「HYBRID G」「HYBRID X」
・安全装備を充実させてマイルドハイブリッドで経済的
・デュアルセンサーブレーキサポート装備
・全車マイルドハイブリッド採用
・スリムサーキュレーター装備(HYBRID X)
・トーションスプリング機構装備により力のない方でもワンアクションで簡単に開閉操作ができるテールゲート 一体型スロープを採用

【車いす移動車のエブリイワゴン/エブリイ】
ベース車両:「エブリイワゴンJPターボハイルーフ」/「エブリイPC」
・2WD/4WDの選択、ターボの必要性、車体色、乗車定員など、それぞれのニーズに対応
・デュアルセンサーブレーキサポート装備
・4人乗車(後席に介助者が一緒に乗ることが可能)

画像ギャラリー