激しい走行でホイール脱落の危険も! 見た目抜群の「アルミナット」は取り扱い要注意パーツだった (1/2ページ)

激しい走行でホイール脱落の危険も! 見た目抜群の「アルミナット」は取り扱い要注意パーツだった

ドレスアップ効果バツグンだけど注意も必要

 アルミホイールを装着する際、ルックスを良くするためにジュラルミン製のホイールナットを使用するユーザーは多い。ドレスアップ的に見ればスチール製ナットよりもカラフルでデザイン性も高く、よりオシャレなイメージに仕上げられるからだ。

 製品名などに「レーシングナット」とか「超々ジュラルミン」といったワードが盛り込まれることが多いため、見た目の良さだけでなく“高級素材を使っている”という満足感があるユーザーがほとんどだろう。事実、一般的な街乗りでトラブルを招くことは少なく、大多数のユーザーがオシャレなルックスに満足している。ただ、使用方法によってはホイールが脱落するような事故に発展する可能性もあるので注意が必要。ジュラルミン製ナットについて、しっかり理解を深めてもらいたい。

【関連記事】ステアリングの役割とは? 交換するメリット・デメリットを解説

誤った使用はホイール脱落の恐れあり!  ジュラルミン製ナットの正しい扱い方とは画像はこちら

使い過ぎはネジ山が無くなる?

 ジュラルミン製ナットで注意しなければならない点は、やはりアルミ素材を使っていることに尽きる。いくらアルミ合金の中で最高強度のジュラルミン材といってもスチール製ナットに比べれば1/3程度の強度しかなく、金属の中でも柔らかい素材であることを理解しておこう。ちゃんとトルクレンチを使って締めていてもネジ山は劣化しやすく、何度も脱着を繰り返していると固定力が落ちてしまうことがあるのだ。誤った使用はホイール脱落の恐れあり!  ジュラルミン製ナットの正しい扱い方とは画像はこちら

 それほどデリケートな素材だけに、インパクトレンチによる打撃やオーバートルクによる締め過ぎは厳禁! 十字レンチでも回転軸のブレた早回しをするとネジ山を痛めるので、基本的に手締めで奥まで締め、最後にトルクレンチで本締めしてやりたい。ネジ山を見てカジリ(傷んだ部分)があったりスムーズにナットが入らない時は、危険信号と判断して再使用は避けた方が無難だ。誤った使用はホイール脱落の恐れあり!  ジュラルミン製ナットの正しい扱い方とは画像はこちら

画像ギャラリー