「免許区分」の複雑化でわかりづらい! キャンピングカーに乗りたいひとに必要な「免許」とは

「免許区分」の複雑化でわかりづらい! キャンピングカーに乗りたいひとに必要な「免許」とは

バスやトラックみたいな大型キャンピングカーは普通免許で運転できる?

 軽トラックや軽バンをベースにした「軽キャン」やバネットやハイエースベースの「バンコン」、2トントラックベースの「キャブコン」など、キャピングカーのカテゴリーも相当増え、それぞれの認知度も上がってきた。さらにはマイクロバスがベースになった、本格キャンピングカー「バスコン」などもある。

 ここでギモン。普通免許で運転できるキャンピングカーはどのサイズまでなのか? 2007年以降に2度変わった自動車の運転免許証制度との兼ね合いもあり、条件がやや込み入っている。ここではそこに焦点を当てて詳しく紹介していく。

2017年3月以降の普通免許は3.5トンが上限

 自動車の運転免許制度は21世紀になってから、2度変わっている。

 2007年6月1日以前は普通免許と大型免許だけだったが、2007年6月2日に中型免許が新設され、普通免許で運転できるクルマのスペック(主に車両総重量)が変わった。具体的には、8トン未満から5トン未満になった。さらに2017年3月12日からは、準中型免許が追加され、普通免許で運転できるのは車両総重量3.5トン以下となっている。大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら

 また、2007年6月1日より前の普通免許は、現在では中型限定免許(上限8トン)となり、2007年6月~2017年6月に取得した普通免許は準中型限定免許(上限5トン)となっている。すなわち、現在は実質的に6種類の運転免許が混在していることになる。

以下に各免許で運転できる車両総重量を整理しておこう。

◆普通:3.5トン未満
◆準中型限定※:5トン未満
◆準中型:7.5トン未満
◆中型限定※:8トン未満
◆中型:11トン未満
◆大型:11トン以上
※は正式な運転免許の種類ではなく、かつての普通免許から移行して限定のついた状態

 それはさておき、こうした複雑な運転免許制度になっている現在、キャンピングカーを探す際には、自分の持っている運転免許で運転できるかどうか気にすべきだ。たとえオーナーが「普通免許で運転できるよ~」と言ったとしても、その普通免許という言葉が示す免許とは正確には中型限定免許かもしれないからだ。

準中型限定は車両総重量5トンがリミット

 とはいえ、軽自動車をベースとした「軽キャン」やミニバンをベースとした簡易タイプのキャンピングカーであれば、いまの普通免許で十分に対応できる。ハイエースなどの1BOXをキャンパー仕様に仕上げたケースでも、ほとんどは総重量3.5トン以下なので普通免許で問題ない。

大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら

 2トントラックの荷台部分をキャンパーにしたキャブコンと呼ばれるタイプでも現在の普通免許で運転できるタイプは多い。ただし、このタイプになると仕様によっては車両総重量3.5トンを超えてしまうこともあるので、そのあたりはしっかりと確認しておきたい。大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら

 とはいえ、ほとんどのキャンピングカーは総重量5トンに達することはないので、準中型限定免許を持っていれば資格としては問題ない。ただし、大きなキャンピングカーというのは乗用車とは取り回しの感覚もまったく異なるため、運転自体には慣れや配慮が必要だろうが……。

中型限定なら車両総重量8トンまで乗れるが…

 輸入車の大きなキャンピングカーや、国産でもマイクロバスをベースとしたキャンピングカー「バスコン」を運転するには、さすがに車両総重量8トンまで対応した中型限定免許が必要になることが多い。大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら ここで注意したいのは乗車定員で、キャンパーとして改造して定員が10名以下になっていれば、かつての普通免許から中型限定免許に移行したドライバーでも運転できるが、ベース車の定員をそのまま維持している場合は、中型限定免許では運転できない。なぜなら車両総重量のほかに乗車定員も10名までという限定条件もあるからだ。大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら

 その意味では大きなキャンピングカーを運転するのであれば中型免許以上を持っていると選択肢的にも広がるだろう。そもそも、マイクロバスサイズの車両を運転するのであれば、それなりの経験が必要であるし、中型免許取得の教習を受けたという経験があった方が安心だ。大型キャンピングカーを運転するための条件を整理する画像はこちら

 結論をまとめれば、普通免許を取得した時期によって運転できるクルマの車両総重量は変わってくる。そのため巨大なキャンピングカーでは運転できないケースも出てくる可能性はある。ただし、1BOXをベースとしたキャンピングカーくらいであれば、そこまで気にする必要はない。

画像ギャラリー