「86コンバーチブル(?)」に「クロスオーバー86」も集結! 「富山CAMP」に集まった約400台の86&BRZの光景が壮観すぎる! (1/2ページ)

「86コンバーチブル(?)」に「クロスオーバー86」も集結! 「富山CAMP」に集まった約400台の86&BRZの光景が壮観すぎる!

北は秋田県、南は福岡から全国から86&BRZが集まった

 86&BRZはオーナーズミーティングが頻繁に開催されている車種である。週末には、日本のどこかでミーティングが開催されているという感じだ。それがコロナ感染症の影響で自粛となり、集まりたくても集まれないという状況が続いていた。

 とくに緊急事態宣言が出ていた期間というのは、他県をまたぐことさえ許されないという状況で、86&BRZオーナーのみなさんは欲求不満が溜まっていたのだと思う。

 そんななか開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』は、北は秋田県、南は福岡から全国の86&BRZが約400台も集結した。富山県で開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』のレポート画像はこちら

 とにかくみんな集まりたかったのだと思う。富山県の立山山麓スキー場の駐車場は、色とりどりの86&BRZで埋め尽くされた。

 エントリーリストを見てみると、北陸エリアのオーナーだけでなく、全国各地から参加しているクルマが多数。オフ会初参加という人も多くて、じつに充実したイベントとなった。参加していたみなさんは、原則マスク着用。3密にならない距離感で交流を楽しんだ。

富山県で開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』のレポート画像はこちら

 主催者のひとりで代表者であるイチロクさんは「最初は、地元のメンバーで集まろうという小さな規模で始まったんです。SNSで告知したところ、参加したいという人が増えてきて、ホームページを作成したらあっという間に400台近くもエントリーしていただくことになりました。今回は、第1回ということで運営サイドとしましては、反省点も多いのですが、ぜひ来年第2回を開催してさらに楽しいイベントにしていきたいと思っています」とのことだ。

富山県で開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』のレポート画像はこちら

 SNSを中心に集まったというメンバーは、年齢層が比較的若いように思えた。20歳代の参加者が多く、これまでのオフ会で中心だった40歳代オーバーというのは、比較的少数派。86&BRZオーナーの世代というのも少しずつ変化しているようだ。

まるでデモカーのような仕上がり こだわりの車高やツライチホイールが決まっている

 そんななか、目立っていたのはロケットバニーやリバティウォークのオーバーフェンダーを装着した車両である。全塗装している車両も少なくなく、その存在感はスーパーカーも真っ青といった雰囲気だ。

 

富山県で開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』のレポート画像はこちら

 86&BRZ用オーバーフェンダーの先がけがロケットバニーは現在バージョン3.5までバリエーションが揃っている。

 今回は、バージョン3.5のカナード類まで装着したパーフェクトな仕様の参加者もいて圧倒的な存在感を放っていた。

強烈なワイドボディで見るモノを圧倒するLBWKのエアロを装着した86&BRZ

 ロケットバニーの隣に陣取り、こちらもしっかりと自己主張していたのがリバティウォークのエアロを装着したみなさん。

富山県で開催された『86&BRZ CAMP IN TOYAMA 2020』のレポート画像はこちら

同じエアロを装着していても、微妙なアレンジやボディカラーが異なることで、クルマの雰囲気は大きく違ってくる。

画像ギャラリー