高齢者の「踏み間違い事故」減少に効果はある! 日産車やホンダeが採用する「ワンペダル」操作の課題とは (1/2ページ)

高齢者の「踏み間違い事故」減少に効果はある! 日産車やホンダeが採用する「ワンペダル」操作の課題とは

「急な踏み換え」が問題なら 「ワンペダルで操作」すれば解決?

 EVやHV、PHEVの普及により徐々に注目されつつある「ワンペダル」操作。アクセルワークで加/減速や停車をおこなうものだが、果たしてこのシステムは高齢者で最近目立つ「アクセルとブレーキの踏み間違い」問題の解決にはなるのか。その構造とアクセル(ブレーキ)ワークのやり方と合わせて紹介する。

「ワンペダル操作」の構造とは?

 高齢者によるペダル踏み間違いや、踏み損ないなどによる交通事故が注目を集めている。ただ高齢であっても、通常であればそのような間違いはめったに起こさないのではないか。しかし、突発の事態で慌てると、高齢になればなるほど関節の動く範囲が制約を受けたり、筋力が衰えたりすることにより、頭で考えたとおりに手足が動かせていないことが起こりかねない。そこで、第一には正しい運転姿勢がとれているかが重要だ。運転における正しい姿勢のガイド(Honda・N-WGNより)

 次に、クルマがそうした間違いを起こさないような機能を備えてくれると、より安心して運転できる。その一つが、ワンペダルによる加減速の操作だ。これはモーター駆動のクルマで実用化されており、電気自動車(EV)はもちろんのこと、ハイブリッド車(HV)でも日産自動車が採用するシリーズ式ハイブリッドシステムといって、エンジンは発電のためだけに使い、走行はモーターのみで行う場合に利用できる。日産・ノートe-POWERのフロントビュー

 モーターは電気を流せば駆動力を出し、動力を与えれば発電機として機能する。一つの機構で、駆動と発電の両方をこなせるのがモーターの特徴だ。

日産・ノートe-POWERのメーター

 これを利用したのがワンペダル操作である。アクセルペダルを踏みこめば発進・加速し、アクセルペダルを戻せば減速・停止できる。減速の様子は、たとえばエンジンブレーキのような感触だ。そしてアクセルペダルの戻し加減に応じて、減速の度合いが強まるように制御されている。

 なぜ、モーターが発電機として働くときに減速力が働くのか。その仕組みは、発電の際に磁力の影響で抵抗が働く。要は、回りにくくなる。その抵抗が、クルマの速度を落とすことに役立つ。これを、回生(回生)という。

画像ギャラリー