定番の「カレー」なら家でもできる! キャンプだからこそ味わいたい「秋の味覚」料理3選 (2/2ページ)

焚き火で作る基本の焼き芋

 主食にもおやつにもなる焼き芋。鳴門金時や紅芋、安納芋など、食べ比べをするのも楽しいですよ。今回はキャンプでも王道の、焚き火でホクホクに仕上げる基本の方法をご紹介。ポイントは低温でじっくり焼くことです。そのままでも美味しいですが、バターやバニラアイスを添えてスイーツとしてもお楽しみいただけます。

【関連記事】ナリは小さくても別世界を体験可! いま圧倒的人気の「軽キャンパー」で知るべき基本5つ

焼き芋画像はこちら

材料

お好みのさつまいも人数分
新聞紙やキッチンペーパー1本巻ける分
アルミホイル1本巻ける分

下準備
・さつまいもをしっかりと洗い、濡れた状態にしておく
・新聞紙やキッチンペーパーを十分に濡らしてさつまいもを包む
・アルミホイルでさらに隙間なく包む(1~2重)

作り方
① 焚き火の炎を落ち着かせ、赤黒い熾火状態にする
② 網の上にアルミホイルで巻いたさつまいもをのせて、約15分ごとに転がしながらじっくり焼く
③ 30分経ったら、串やナイフを刺してスッと通れば完成(まだ硬ければもう少し焼いて様子をみる)

秋の食材を味わい尽くそう

 キャンプだからこそできる火の活用があります。しかも味覚の秋、近くの道の駅や農作物の販売店にも食材は嬉しいほどあるでしょう。焚き火の火力はキャンプ料理の定番画像はこちら

 秋に旬を迎える食材は美味しいだけでなく、栄養も満点!ぜひキャンプでお楽しみください。

画像ギャラリー