早くも「シャコアゲ」まで登場! 超絶人気の「ヤリスクロス」のカスタマイズ速報 (1/2ページ)

早くも「シャコアゲ」まで登場! 超絶人気の「ヤリスクロス」のカスタマイズ速報

ヤリスクロスはローダウンもリフトアップもインチアップも似合う

 2020年8月31日にトヨタから発表・発売された「ヤリスクロス」。いま人気のコンパクトSUVということもあり、すでに受注台数は4万台弱、納車は3カ月待ちとも言われている。それだけクルマが売れると「人と違いを出したい」と思うのがカスタム好きの性。そんな想いを知ってか(?)、各メーカーよりパーツ情報がチラホラ。そこで今回は各メーカー5社から届いたエアロパーツやサスペンションパーツ、剛性パーツにホイールマッチング情報を紹介していく。

都会派の「モデリスタ」とスポーティな「GRスポーツ」

 まずはいわゆるメーカーワークス系、アーバンスタイルが似合うのモデリスタと、タフでたくましさを感じるGRスポーツからご紹介。モデリスタは異なる個性のエアロパーツ「ADVANCE ROBUST STYLE(アドバンス ロバスト スタイル)」「ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)」の2タイプを設定。いずれもトヨタディーラーで販売・装着が可能な、ほぼ純正パーツといって差し支えないアイテムだ。

ADVANCE ROBUST STYLE(アドバンス ロバスト スタイル)

 まずは「ADVANCE ROBUST STYLE」。大胆なデザインを採用するフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの各部をブラックの塗り分けを施し、面発光LEDを組み合わせることで、立体感をさらに強調。スポーティテイストを際立てつつ、SUVらしいのたくましさを兼ね備えたフォルムを実現する。モデリスタ「ADVANCE ROBUST STYLE」のフロントビュー画像はこちら

 両サイドに「ホワイト面発光LED」を配しつつ周囲をブラックに塗り分け、陰影を強調。センター下端もブラックで、グリルに向かって立ち上がる立体的な左右のフィンがアグレッシブな印象のフロントスポイラー。モデリスタ「ADVANCE ROBUST STYLE」のフロントスポイラー画像はこちら

 サイドスカートは前後ドアの下部をボディ色とブラックに塗り分け。それによって造形が浮いているようなデザインとなり、低重心フォルムを演出。リアスポイラーはディフューザー造形がフローティングしたような中央部のデザインが特徴。左右にビルトインマフラーをイメージさせる金属調ガーニッシュも採用する。モデリスタ「ADVANCE ROBUST STYLE」のリアビュー画像はこちら

ELEGANT ICE STYLE(エレガント アイス スタイル)

 いっぽうの「ELEGANT ICE STYLE」は、洗練されたスタイリッシュさと金属調加飾によってプレミアム感を演出。こちらもブラックの塗り分けを施すことで、造詣のコントラストを際立たせ、シャープな印象へと昇華させている。伸びやかなウイング形状の金属調加飾フィンは、中央部をブラックに塗り分けることで、コントラストを強調。サイドから回り込むような立体形状を組み合わせ低重心フォルムを実現。モデリスタ「ELEGANT ICE STYLE」のフロントビュー画像はこちら

 意外かもしれないが、自然光のなかでは光があたる面の角度で、意図したデザイン通りの見え方をしなこともあるそうだ。メッキパーツでは他の部分が写り込む理由で、実際よりも小さく見えてしまうこともあるという。

 そこでモデリスタでは、実際にエアロパーツを車両に装着した状態をシミュレーションできるコンピュータを活用。さまざまな角度からの光に対する陰影をチェックし、自然光のなかでユーザーが見たときにカタログのイメージ通りの造形となるようにこだわっているのだ。モデリスタ「ELEGANT ICE STYLE」のリアビュー画像はこちら

 フロントからリヤへと流れるように、キレのある造形でつなぎ、低重心感のあるフォルムを演出。ブラック部分に浮き上がるようなシャープな造形が疾走感のあるダイナミックな印象を高める。フロントスポイラー、サイドスカートと勢いのあるラインをボディ後方まで繋ぐデザインを採用。L字形状の金属加飾を施し、ワイドだが軽快感のあるリヤフォルムに高品質感の演出する。

 こちらは同社フェンダーカバー。ワイルドなイメージを演出するブラックの純正フェンダーにボディ同色のパネルを被せるだけで、グッと都会的な印象に。アーバンSUVのヤリスクロスのファースト・カスタマイズとしてオススメ。写真は「エレガント アイス スタイル」用だが、先に紹介している「アドバンス ロバスト スタイル」用も用意。モデリスタ・ヤリスクロス用のフェンダーカバー画像はこちら

 モデリスタはエアロパーツの他に「チョイ足し」メッキアイテムをラインアップ。「フロントグリルガーニッシュ」は、アッパーグリル左右に配置することで台形のグリルを強調。モデリスタのフロントグリルガーニッシュ画像はこちら この他に「ドアハンドルガーニッシュ」や「ミラーガーニッシュ」、さらには「リヤガーニッシュ」なども用意。大きな主張こそしない輝きを与えるアイテムなのでさり気ないドレスアップに最適だ。モデリスタのリアガーニッシュ画像はこちら

GR PARTS

 「GRパーツ」からはSUVらしさが際立つラギッドなアイテム群が用意された。「Functional Edge style(ファンクショナル エッジ スタイル)」をデザインコンセプトに、アウトドアでの活躍を期待させるようなアクティブテイストを強調させているアイテムを開発。GRパーツが装着されたトヨタ・ヤリスクロスのフロントビュー画像はこちら

 一部の商品を除けば3万円台とリーズナブルな価格帯ばかりというのも魅力のひとつ。バンパー両サイドに装着するフロントガーニッシュは、林道などでボディを保護するプロテクター風デザイン。さらに細部を見れば、空力性能を期待させる小さなフィンが装着されている。ドア下部にあるブラックの純正のプロテクター風ガーニッシュとのコンビネーションで、SUVらしいワイルドなフォルムを実現。トヨタ・ヤリスクロス用GRパーツのドアガーニッシュ画像はこちら

 リアまわりは2パーツに注目。まずはハードなオフロードシーンにも対応できそうな樹脂(EVAC)製で、さらにプレートも装着する本格派デザインのマッドフラップ。カラーはレッドとブラックの2タイプを設定し、前後タイヤ用4枚が1セットとなる。70Φ×2本出しステンレス製マフラーにも注目だ。テールパイプの開口部が見えるスポーティータイプ(純正は下向き)。ドレスアップ効果はもちろん、機能性も期待できる。GRパーツが装着されたトヨタ・ヤリスクロスのリアビュー画像はこちら

 小物類でオススメしたいのが「ドアスタビライザー」だ。ボディ側のドアキャッチを交換し、ドア側にスペーサーを装着するだけで、密着度がアップというもの。ドアパネルとボディが一体化することで、ボディ剛性が向上し、操舵時の応答がアップする。ヤリスクロス用GRパーツ「アスタビライザー」画像はこちら このほかにも数多くの小物アイテムやホイールなどをGRでは用意。自分の求めるスタイルに合わせてカスタマイズを楽しんで欲しい。

画像ギャラリー