「超小型EV」は高齢化社会をも救う! 日本の社会を変える可能性を帯びた「知られざる」実力とは (1/3ページ)

「超小型EV」は高齢化社会をも救う! 日本の社会を変える可能性を帯びた「知られざる」実力とは

2021年以降、急速に普及する可能性

 超小型モビリティはこれまでコンセプトカーのような扱いで、市街地などでの実証実験は行われてきたが、具体的な製品や市場導入の話が進まなかった。しかし、来年(2021年)以降、現実味を帯びてくるかもしれない。

【関連記事】最大90万円の補助金あり! 「自宅に給電」こそEV普及のカギ

来年(2021年)以降、超小型EVの普及が現実味を帯びてくるかもしれない画像はこちら

 後押しとなるのは、昨年の東京モーターショーでトヨタが公開した2人乗りの超小型モビリティの市場導入へ向けて、国土交通省で型式認定の枠組みが検討され、創設されそうな状況にあるからだ。2019年の東京モーターショーでトヨタが公開した2人乗りの超小型モビリティ画像はこちら

公道を安全に走れる性能を実現

 これまで原動機付自転車(通称、原付)の次は軽自動車の規定しかなく、超小型モビリティが認証を受け、広く市販できる法的根拠がなかったのである。そこで限定的な形式で大臣認定などによるナンバープレートが交付され、実証実験は行なわれてきた。街中を走る日産「ニューモビリティコンセプト」画像はこちら

 トヨタの「i-ROAD(アイロード)」や日産の「ニューモビリティコンセプト」などが、シェアリングサービスや観光などで使われた程度に終わっている。シェアリングサービスや観光などで使われたトヨタ「i-ROAD」画像はこちら

 一方、コムスというトヨタ車体が作る一人乗りEVは原付に含まれるミニカーの分類で、すでに公道を走っている。全長約2.4mで、全幅が約1.1m、最高速度は時速60km。モーター性能は、最高出力が5kWで、最大トルクは40Nmだ。トヨタ車体「コムス」の最高速度は時速60km画像はこちら

 5kWと聞くと非力に思えるだろう。軽自動車は約35kWである。しかし、最大トルクは軽自動車が約60Nmであるのに対し、コムスは40Nmで、車両重量が軽自動車の2/3ほどしかないので、車両重量当たりのトルク値を比較するとほぼ同等となる。かえってモーターの瞬発力に驚くのではないか。一充電走行距離はJC08モードで58kmあり、日常の移動には十分な性能を備えているといえる。コムスは日常の移動には十分な性能を備えている画像はこちら

画像ギャラリー