自動車に革命を起こした1台と影の薄い9台! 1990年代の日本カー・オブ・ザ・イヤーは混沌の時代を象徴していた (2/2ページ)

プリウス以外の「時代を映し出す」90年代受賞車

 あとの9台の受賞車は、姿を消した車種といえなくもない。三菱自のディアマンテ、ギャラン、FTOはもはや懐かしい思い出でしかないクルマだ。三菱・ディアマンテのフロントビュー画像はこちら アコードやシビックの存在感は、日本市場ではほとんどなくなっている。日産マーチも同様だ。アルテッツァはレクサスISと車名を変え、ヴィッツもヤリスに替わった。ホンダ・シビックのフロントビュー画像はこちら

 それでも、ギャランはアクティブ・ヨー・コントロール(AYC)と呼ぶ電子制御による姿勢制御や、今日では常識化したガソリン直噴エンジンの量産化を実用化した。1990年代のカーオブザイヤー受賞車の中で特に印象的だったクルマの紹介画像はこちら

 アルテッツアは前輪駆動に統一されていた小型車に後輪駆動の道筋をつけ、ヴィッツは欧州車風の小気味よい走行感覚を持った小型ハッチバック車との位置づけを明確にしたというような、技術的影響力を持っていたといえる。トヨタ・アルテッツァのフロントビュー画像はこちら

 とはいえ冒頭に述べたように、バブル経済が崩壊したあとの日本、そして国内自動車メーカーの混迷の様子が、色濃く記されたのが、90年代の日本カー・オブ・ザ・イヤー歴代車種である。

画像ギャラリー