ハイテク満載だがいかんせん「重すぎた」! 「重戦車」と揶揄された「三菱GTO」がいま見ても衝撃 (1/2ページ)

ハイテク満載だがいかんせん「重すぎた」! 「重戦車」と揶揄された「三菱GTO」がいま見ても衝撃

「重戦車」と呼ばれたスーパー4WDスポーツカー

 1990年から2001年まで三菱から販売されていた「GTO」。時代は国産スポーツカー全盛期、ハイテク装備を満載して登場したGTOだったが、クルマ好きの間で「重戦車」とも呼ばれていたことをご存知だろうか? 3リッターのツインターボに4WDと4WSを搭載、車幅は1800mm超えと、いかにも車重がありそうなことは想像に難くないが、誕生の経緯や実際のドライブフィールはどうだったのか。改めて振り返ってみたい。1990年から2001年まで三菱から販売されていた「GTO」

車重1700kgのGTOに対しライバルたちは?

 まず1990年10月デビュー当初の車重を見てみると、225ps/6000rpm&28.0kgm/4500rpmを発する3.0L V6 NAエンジンと5速MT、ビスカス式センターデフを持つフルタイム4WD、後輪操舵機構の4WSを組み合わせた、もっとも軽量な「GTO」(標準仕様)で1640kg。1990年10月デビューの三菱「GTO」

 同じく4速AT車は1680kg、そして280ps/6000rpm&42.5kgm/2500rpmを発する新開発の3.0L V6ツインターボエンジンにゲトラグ製5速MTを組み合わせ、4WDの前後トルク配分を45:55とした「GTOツインターボ」は1700kgに達していた。GTOに搭載された3.0L V6ツインターボエンジン

 では、6気筒ターボエンジンに5速MT、4WDに4WSを組み合わせる2+2シーターの2ドアクーペという点で最も成り立ちが近い、R32型日産スカイラインGT-Rのデビュー当初の車重はどうか。なんと1430kg。270kgも軽量に仕上がっている。R32型日産スカイラインGT-R初期モデルの車重は1430kg

 なお、1990年代前半に国産車最速クラスとして扱われていた、他の2ドアクーペのMT車と比較しても、オールアルミモノコックボディのV6ミッドシップスーパースポーツ・ホンダNSXは1350kg、NSX-Rは1230kg。ロータリーターボエンジンを搭載するFRのアンフィニRX-7は1260kg。3.0L直6を搭載するA80型トヨタ・スープラのターボ&6MT車は1490kgだった。ホンダNSXの車重は1350kg

 ちなみに、WRCのホモロゲーションモデルとして投入された4ドアセダン、スバル・インプレッサWRX STiバージョン(Ver.1)は1220kg。GTOと同じ三菱のランサーエボリューション(1)はGSRで1240kg、RSで1170kgとなっていた。三菱のランサーエボリューションGSRの車重は1240kg

 いずれの車種と比較してもGTOは200kg以上重く、その“重戦車”ぶりが際立っている。ライバルたちと比較してもGTOは200kg以上重かった

画像ギャラリー