「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格 (1/4ページ)

「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格

そんなに価格が高い!? と驚かされる国産旧車

 中古車にも「価格が上がる」車種と「下がる」車種がある。前者の筆頭は、昔から「人気がある車種・もしくは世代」というイメージで、こちらは時代に合わせた安定した価格が維持され続ける。ところが最近は、以前なら激安・格安で流通していたような「価格が下がる」印象のクルマが、「びっくりするほどの高値」で販売されていることが増えてきた。

 そこで今回は、「えっ! 今、そんなに価格が高いの!?」と驚いてしまう国産旧車をいくつか集めてみた。かつての相場感を知っている人なら、「ウソでしょ!? ○○○○が×××万円もするの!?」と思うに違いない。

高騰が止まらないスカイライン

 国産中古車の中でも全般的に人気が高いスカイラインでは、以前より高価格モデルとして鉄板の3代目・ハコスカ=C10型のGT-Rがあった。続いて直6エンジンのGTに人気があったが、4気筒の1.5/1.8リッターモデルは、さほど価格は上がっていなかった。その後継ケンメリ(C110型)も同じような傾向だったが、ハコスカに比べると価格レベルは安かった。急騰する70〜90年代の国産旧車画像はこちら

 5代目のジャパンは、30年くらい前、高校時代の友人が「クルマもらった! ジャパンのGT、でも重ステ(笑)」と、嬉しそうに乗っていたのを思いだす。それほど安かった。6代目はRSが今なお高い人気を保つが、GTは数年前まで「穴」として薦められるような価格だった。急騰する70〜90年代の国産旧車画像はこちら

 それが、この2〜3年で状況は一変。ハコスカGTは300万円台を中心に、程度や改造の状況により600万円〜1500万円という凄まじい価格に。ケンメリGTも個体によっては500万円台以上がザラで、600、700万円の個体が多い。中には1000万円超えも!?急騰する70〜90年代の国産旧車画像はこちら

 実は筆者も3年前、ケンメリの4気筒モデル・GLを買おうと思って探していた。当時はまだ70万円くらいだった。しかし現在では、4気筒のケンメリも200万円をオーバーしている。こんなことなら、買っておけばよかった……と後悔しきり(涙)。ジャパンも200万円超、300万円台は当たり前になっている。

画像ギャラリー