アウトドア御用達の「ハンモック」が家でも楽しめる時代! 意外に多い種類と選び方 (1/2ページ)

アウトドア御用達の「ハンモック」が家でも楽しめる時代! 意外に多い種類と選び方

“おうちキャンプ”でも注目の「ハンモック」

 これまではファミリーキャンプのお昼寝用として使われることの多かったハンモックですが、ここ数年ソロキャンプが注目されるようになり、ハンモックで寝泊まりする人が増えています。地面からの冷えもデコボコも感じることはなく、包まれるような寝心地はとっても新鮮ですし、とにかく快適!ソロキャンプが注目されるようになり、ハンモックで寝泊まりする人が増えている画像はこちら

 2020年に入ってからは「おうちキャンプ」を楽しむ人たちにもハンモックが広まり、売れに売れているそう。そこで今回は、シーン別にハンモックの選び方をご紹介したいと思います。2020年は「おうちキャンプ」を楽しむ人たちにもハンモックが広まり、売れに売れている画像はこちら

お部屋での設置方法は「フック式」か「スタンド式」

 ハンモック自体は全長3m程度。ハンモックを支える頑丈なフックを取り付けられる柱や梁(はり)が部屋にあれば、6畳間でも使えます。頑丈な柱や梁(はり)が部屋にあれば、ハンモックは6畳間でも使える画像はこちら

 一方で賃貸のため壁に穴を開けられなかったり、持ち家でも壁の強度が不足しているような場合はスタンドが不可欠。ところがハンモックのスタンドは思いのほか大きいのです。小型スタンドであっても2.5×1mほどの面積が必要で、6畳間なら部屋の対角を使います。お部屋に設置しやすいスタンド型ハンモック画像はこちら

 室内でハンモックを楽しむには、使えるスペースがどれくらいあるのか確認することが第一歩。その面積に収まるスタンドのサイズから選ぶしかありません。スタンドによっては指定外のハンモックでは張りが強すぎる・たるみすぎるなど、良い具合に取り付けられない場合があるので注意してください。室内でハンモックを楽しむには、使えるスペースがどれくらいあるのか確認することが第一歩画像はこちら

手軽な「ハンモックチェア」

 スタンドが収まりきらないけど諦めたくない人は、ハンモックチェアはいかがでしょう。これならスタンド設置に必要な面積は1.8×0.9m程度に抑えられます。ハンモックチェアならスタンド設置に必要な面積は1.8×0.9m程度に抑えられる画像はこちら

 たとえば「ロゴス/3WAYスタンドハンモック」であればベランダやキャンプ場ではハンモックで昼寝、室内ではハンモックチェアとしてくつろげます。ハンモックとして使わないときは洗濯物を干すハンガーラックになります。ハンモックスタンドが重くて結局使わなくなる……というのを避けられますよ。

 もうひとつ、「ニュートラルアウトドア/ハンモックベッド」はコット(簡易ベッド)のようなデザインですが寝心地はハンモック。1.9×0.8cmの広さがあれば設置できますし、何よりも軽く、ちょっと移動させるのも楽にできます。

画像ギャラリー