「シャコアゲ」「木目」「軽トラベース」! 軽キャンピングカーがあまりに自由すぎて圧倒される (1/2ページ)

「シャコアゲ」「木目」「軽トラベース」! 軽キャンピングカーがあまりに自由すぎて圧倒される

機能も見た目も魅力的な「軽キャン」デモカー5選

 キャンピングカーといえば商用バンやトラック、バスをベースに架装したタイプが一般の人にも広く認知されている形だろうが、数年前から注目されているのが軽自動車をベースにした通称「軽キャン」。購入費用やランニングコスト以外にも「ひとり、ないしは夫婦2人での“車中泊”なら軽のスペースでも大丈夫そう」という理由から注目されている。

【関連記事】ナリは小さくても別世界を体験可! いま圧倒的人気の「軽キャンパー」で知るべき基本5つ

キャンピングカー仕様のスズキ・エブリイ画像はこちら そこで今回、11月上旬に開催され大盛況のうちに終わった「第24回 神奈川キャンピングカーフェア」の会場内に展示されていた「軽キャン」の中から、5台をピックアップして紹介していく。「軽キャン」と呼ばれる軽自動車ベースのキャンピングカーの紹介画像はこちら

【ケース_01】王道はやはり「軽1BOX」ベース

「軽キャン」のベース車として多く使われているのが「軽1BOX」タイプだろう。各キャンピングカーのサプライヤーも「軽規格」という限られたスペースを最大限に活用し、積載性や居住性の向上を図っているのが印象的。そのうえで給電ができるなど、各社それぞれのキャラクターを出しているのがこのセグメントの特徴といえる。

【関連記事】ナリは小さくても別世界を体験可! いま圧倒的人気の「軽キャンパー」で知るべき基本5つ

キャンピングカー仕様のスズキ・エブリイ2台画像はこちら

 そんな「軽1BOX」の中でも特に人気なのがスズキのエブリイだ。実際この日展示されていた軽1BOXタイプのキャンピングカーも、やはりエブリイベースが多かった。

 埼玉・岐阜・大阪にて店舗を展開中、ワゴン感覚で乗れるキャンピングカー(バンコン)を得意とする「リンエイプロジェクト」も、エブリイベースの“ソロ車中泊”仕様車「マイクロバカンチェス ひとり旅」をデモカーとして展示していた。ヒッチカーゴを装着したスズキ・エブリイのキャンピングカー仕様画像はこちら 電子レンジやインバーターを搭載したラックやエアコン、ポータブルトイレに遮光カーテンが付属された「ひとり旅」仕様。そこに最近注目されているヒッチカーゴをリアに付け、軽自動車の泣き所でもある(ソロキャンプでエブリイベースなら、そこまで問題にならないかも知れないが)積載性の向上を図っていた。ちなみにこの「ひとり旅仕様」の他に「ふたり旅仕様」も用意されているという。ヒッチカーゴを装着したスズキ・エブリイのキャンピングカー仕様画像はこちら

 同じエブリイタイプでも、外装をカスタマイズしているデモカーもいた。島根県と千葉県にお店を構える「スマイルファクトリー」がそれで、同店が展開する人気の軽キャンパーパッケージ「オフタイムトラベラー」の3バージョン目だという。その「バージョン3」の特徴だが、車内にロフトスペースを作る事で2段ベッドにできるほか、ワーケーション用のデスクスペースとしても活用できるという、何とも今っぽい提案。ロフトタイプの自動車用ベットキット画像はこちら

 さらなるポイントが先に紹介した外観だ。昨今注目されている「シャコアゲ(=リフトアップ)」仕様にカスタマイズされていたのだ。外装をカスタマイズしているスズキ・エブリイのキャンピングカー仕様画像はこちら オフロードタイヤにアルミホイールを組み合わせ、タイヤ外径と専用のサスペンションで「シャコアゲ」。タイヤ外径次第ではノーマルバンパーだとバンパー内側が干渉してしまうのだが、社外の薄型タイプに変える事でその問題も解消。同時に通常の「軽キャン」にはない、タフなビジュアルに仕上がっていた。

 ビジュアルといえば、また違ったアプローチで雰囲気を出している軽バンがいた。それが車中泊ハイエースでお馴染み、三重県にある「ダイレクトカーズ」が出展していたホンダ・N-VANベースの「リトリートミニ」だ。外装までカスタマイズしているホンダ・N-VANのキャンピングカー仕様画像はこちら

 アメリカンカジュアルなスタイルを思わせるウッディなデカールと、メッキとホワイトのディスクが何ともオシャレな、アルミホイールでスタイルアップ。さらにルーフにはキャリアを付け、そのサイドにはオーニングを搭載し、アウトドアキャンプの雰囲気をクルマ全体で盛り上げる仕様だった。サイドオーニングを展開しているホンダ・N-VANのキャンピングカー仕様画像はこちら

 そんな外装に負けじと室内も非常にウッディ、というかこちらがメイン。同社が展開中の「リトリート ワイドモバイル」のレトロちっくな世界観そのままに、軽自動車のN-VANでもそれを再現。ボトム部分に荷物が置けるベットキットや上部両サイドに奢られた棚など、使い勝手のいい1台になっている。ご覧の通り、陳列されていたパンフレットもあっという間になくなっていた。ホンダ・N-VANのキャンピングカー仕様のラゲッジ写真画像はこちら

画像ギャラリー