カングーの「魔力」のなせるワザ! キャンプで見かけた「自由人」3組の「うらやましすぎる」楽しみ方 (1/2ページ)

カングーの「魔力」のなせるワザ! キャンプで見かけた「自由人」3組の「うらやましすぎる」楽しみ方

乗る人と使い方を選ばない 懐の深さがカングーにはある

 先日も紹介したルノー・ジャポン主催の「カングー キャンプ2020」。カングーを使って「ワーケーションを楽しむ」をテーマに据えたキャンプイベントだ。参加車両は同社のオフィシャルサイトにて募集され、当選したユーザー車によって構成。当日はそれら車両それぞれを見聞きしていったのだが、とにかく年代や職業、キャンプ歴など実に様々。その中から今回、初めてのクルマがカングーという羨ましい若者、キャンプは恐らく初心者、でもハンドメイドを添えてとことん楽しむ夫婦、キャンプ歴は40年にもなる父と娘という3組にクローズアップする。

「サウナキャンプ」の相棒として選んだ自身初めてのクルマ

 初めて買ったクルマがこのカングーというAさんは、今回のキャンプの告知を見つけて応募して参加。会場の空気を楽しみながらワーケーションをしている姿が印象的だった。

【関連記事】キャンプ道具への初期投資、優先順位は? プロが指南する「4つのポイント」

カングーのリシートでワーケーションをしている風景画像はこちら カングーをマイカーに選んだ理由を聞くと「いまソーシャルアパートメントに住んでいますが、その住人仲間と一緒に“サウナキャンプ”をするんですよ。みんなでサウナテントを立てて、川や湖に飛び込んだり。最高ですよ。その際の足としてカングーいいなって。かわいさ重視でボディカラーはイエロー(ジョン アグリュム)を選びました」。
キャンプ場とカングー画像はこちら 大所帯になる「グルキャン」の際はタープを広げ、さらにテントまで建てるが、今回は彼女と2人での参加。車中泊をメインにした、最低限のギアのみで構成。お気に入りだというヘリノックスのチェアに座り、キャプテンスタッグの焚き火台をテーブルで囲み、日が沈んだ頃に火を囲んで過ごすというシンプルスタイル。ヘリノックスのローチェア画像はこちら この日は「ふらっと参加のノリ」だったので、薪もサイト内の販売所で買っているが、「サウナをする時ってめちゃめちゃ使うんです。なのでいつもはAmazonで何十キロと大量買い(笑)。でも、そっちの方が断然安く買えますよ」。焚き火台と薪とテーブル画像はこちら

夫婦が描くキャンプの世界観をご主人お手製の小技で盛り上げる

 ほとんどのカングーオーナーに当てはまるだろうが「この形に魅せられた」のが選んだ理由。カングーとテント画像はこちら 以前から興味があったキャンプも、相棒を得たことで本格始動。この日は新しいテント、OGAWA「グロッケ」の本格デビューの日でもあった(その他にもカーサイドシェルターも所有しているとか)。OGAWA「グロッケ」とカングー画像はこちら

 ご主人はとにかく手先が器用。奥様が「いいな」と思ったものを形にしていく。例えばこの日に開催していた「ガーランド(旗や飾りのついたひも状の装飾品)」づくりにも参加して、それを「グロッケ」につなげたり。ちょっぴり早いが(撮影は11月20日)雰囲気を盛り上げるクリスマスの装飾が、シンプルなテントに華を添えていた。ガーランドとテント画像はこちら

 使っているテーブルも何ともオシャレ。チェアは「そこはカングーに合わせなきゃ」と思い、アパレルや雑貨などを展開する「niko and…」で展開していた、カングーとのコラボチェアを購入。テーブルの上にはやはり販売されていたカプセルトイがきっちり全台並ぶ。ちなみにカプセルトイを置いているコルク板のアレンジもご主人作。カングーのカプセルトイ画像はこちら

 ここでカングーに目を向ける。ラゲッジスペースはベットキット化されているのだが、面白いのがその下側。収納と使い勝手を考えて、引き出しが両サイドに奢られていた。片側は簡単な流し台、もう片側にはコンロとドリッパーが置かれる。「美味しいコーヒーを入れて、暗くなって照明の明かりのなか、主人と会話するのが今から楽しみです」とは奥様。ガスコンロとドリッパー画像はこちら ちなみにベットキットに敷かれたマットレスは奥様お手製。間接照明として使っているミニランタンはマルチカラーに光るLEDタイプ。クルマ全体の雰囲気にマッチしていた。カングーキャンプ2020に参加していたユーザー車3台の紹介画像はこちら

画像ギャラリー