いまのSUVブームの前夜に起こったRVブーム! 2大巨頭「サーフ」VS「テラノ」のガチライバル対決とは (1/2ページ)

いまのSUVブームの前夜に起こったRVブーム! 2大巨頭「サーフ」VS「テラノ」のガチライバル対決とは

現SUVブームの礎を築いたかつての4WDブーム

 現在、世界的に大きなマーケットを形成するSUV市場だが、日本の場合、その発端は1980年代。最初にブームを作ったのは、三菱パジェロに代表されるクロスカントリー4WDによる「RV(レクレーショナル・ビークル)」のカテゴリーだった。

【関連記事】「シティカブリオレ」に「サイノス・コンバーチブル」! 懐かしの国産「庶民派オープンカー」を振り返る

いまのSUVブームの前夜に起こったRVブーム! 2大巨頭「サーフ」VS「テラノ」のガチライバル対決とは画像はこちら

パジェロの登場と「クロカン4WD」人気

 現在も「高級4WD」として存在感を示すトヨタ・ランドクルーザーは別にして、1982年に商業車として登場したパジェロが口火を切り、日産サファリ、いすゞビッグホーンなどがRVのカテゴリーを形成。高い車高(1900mm前後)を持つ5人乗りのクロスカントリー4WD車、通称「クロカン4WD」で、タフでワイルド、大柄な外観の車両を街乗りで使うところが人気の原点となった。RVのカテゴリーを形成した車種のひとつ「日産サファリ」画像はこちら

 何事もそうだが、普及して数が増えると、必ずその中から不備な点、不満な点が目立つようになる。クロカン4WDには、日常ユースで使うには少々大きすぎ、取り回し、使い勝手が良くないというデメリットがあった。「もう少し手軽に使えるRVはないか」という要求に応えたカテゴリーがSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)だった。RVよりもひとまわり小さいボディサイズで登場したハイラックスサーフ画像はこちら

画像ギャラリー