最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選 (1/3ページ)

最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選

短命だったけど今こそ乗りたい3台のSUV

 各メーカーから登場するクルマの中には、何代にも渡って販売される車種もあれば、1代限りで終了してしまうモデルもある。しかし、それはデビューがちょっと早すぎただけで、今ならひょっとして大化けする可能性があるかもしれない。

 特に現在、世界的に大ブレイクしているクロスオーバーモデルがその筆頭だ。アウトドアユースにピッタリなデザインや機能、走破性を持ちつつ、今見てもオシャレ!! そんな、中古車でしか手に入らないオススメの3台を紹介したい。

1)トヨタ・FJクルーザー

 まずはヘビーアウトドアユーザーにピッタリだと思えるのが、2010年12月に日本で発売され、2018年1月に生産が終了した、トヨタの「FJクルーザー」である。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選画像はこちら

 もともと北米専用車として開発された、往年の名車「FJ40ランドクルーザー」をオマージュした、見た目以上に本格的なSUV、クロスカントリーモデルであり、日本に導入されていない頃から、並行輸入で人気爆発。それを見て急遽、国内でも生産・販売されることになった経緯がある。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選画像はこちら

 レトロチックなデザインを特徴とするボディは全長4635mmに対して、全幅が1905mmもあるのは、やはり北米向けだったからで(北米ではミドルサイズだが)、コンパクトに見えても、タフなフルフレーム構造のプラットフォーム、本格クロスカントリーモデルならではのパートタイム式4WD、4L V6エンジンを搭載することから、車重は1.8~1.9トンに達する。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選画像はこちら

 現在もたまに街中で見かけるが、鮮やかなボディカラーもあり、実に目立ち、新鮮でもある。意外なことに(!?)アウトドアユースでの使い勝手も優秀で、防水&撥水処理済みのシート表皮や荷室(ワイパブルフロア)、6:4分割の後席格納時の広大でフラットなスペースなど、令和のアウトドアシーンでもまったく遜色ない使いやすさの持ち主である。もしかしたら、最新のSUVよりアウトドアにオススメできるかもしれない1台だ。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選画像はこちら

 ただ、中古車の流通量がそれほど多くないため、現在の中古相場は139万円から429.8万円と高値安定の傾向。アウトドアやサーフ&ウインタースポーツに使われることも多いから、走行距離が少ないタマに出会えたらラッキーである(程度とは別問題だが)。アウトドアブームを先取りしすぎたオシャレ系中古SUV3選画像はこちら

 なお、2010年の発売以来、2012年7月、2013年7月、2014年7月に一部改良が行なわれているが、基本部分の途中改良はない。

画像ギャラリー