「炭」を制するものは「焚き火」を制す! 代表的な「炭」8種とその効果 (2/2ページ)

炭を併用すると 薪を節約できる

 デイキャンプでのバーベキューなど焚き火を伴わない場合は炭火だけを使うことが多いですが、炭をおこすのはけっこう難しく着火剤やチャコスタ(チャコールスターター=炭熾し)が必要になります。ところがキャンプで焚き火を伴う場合は、焚き火に炭を放り込んでおけば着火しますので炭熾しの手間がかかりません。大量の熾火を薪で作る必要もなく、薪の節約にもなります。炭火の安定した火力で調理したあとは新しい薪をくべれば薪への再着火も容易です。

【関連記事】冬キャンプこそ「メシ」にこだわる! 激ウマ&映え確実の「あったか」レシピ3選

炭火だけで料理する七輪画像はこちら

 どんな種類の炭があるのか、炭の種類と特徴を記しておきますので、キャンプ現場の場面場面でセレクトしながら活用を楽しんでみてください。

《木炭の種類》
【白炭】
カシ材等を高熱で不純物を極力除去し高純度の炭素を残しているため硬く長時間燃焼する。着火性は難度が高い。備長炭が代表。

【黒炭・切炭】
ナラ、クヌギ材等を白炭より低温で炭化させたもの。着火性に優れる。

【マングローブ炭】
東南アジアのマングローブ材の炭。着火性に優れるが煙、火炎は多め。

《成形炭の種類》
【オガ炭】
オガクズを成形し炭化させたもの。使用材によって性質が異なるが備長炭などに近く着火性も難度が高い。オガ炭画像はこちら

【ヤシガラ炭】
東南アジアのヤシガラを成形し炭化させたもの。樹木を伐採せず実を利用するため環境持続性を有する。

【チャコールブリケット(木炭豆炭)】
木材由来の豆炭で欧米ではバーベキュー定番炭。着火剤やフレーバーを混成させたものもある。形が揃っているので火力調節がしやすい。

【豆炭】
成形練炭。無煙炭など石炭を含み十分に燃焼させて揮発成分が抜けるまで臭気がある。網焼きなど匂いが気になる場合がある。着火性に優れ長時間強火力が持続する。暖房用途に向く。豆炭画像はこちら

【練炭】
蓮の実形状の大型成形練炭。単体では燃焼しづらく専用の七輪状の燃焼コンロを使用すると高火力で長時間燃焼する。練炭画像はこちらキャンプでの焚き火の活用と料理火力としても大きな役割を果たす炭の種類画像はこちら

炭を使用する際の注意点

 炭は燃焼中に一酸化炭素を放出するため閉め切った室内やテント内での使用は厳禁です。一酸化炭素中毒や死亡する危険があります。

 炭を熾す場合、すでに火がついている炭への着火剤の追加は厳禁です。チューブタイプのゲル状の着火剤は爆発燃焼し周囲に飛び散ることがあります。化繊の衣服への引火や火傷、テント火災など重大事故の原因ともなります。くれぐれもご注意してください。

画像ギャラリー