女子を悩ます「虫」も「睡眠不足」も解決! 「テント」より「キャンピングカー」がオススメな5つの理由 (1/2ページ)

女子を悩ます「虫」も「睡眠不足」も解決! 「テント」より「キャンピングカー」がオススメな5つの理由

天候に左右されず好きな時だけ車外に出られる

 キャンピングカーでキャンプや観光など、自由気ままにアウトドアを安全・安心・快適に楽しむのは最高! ですが、折角のアウトドアなのに、車外に出たくなくなる時があります。キャンピングカーは「走る家」だから車内の方が快適・・・・・・という簡単な理由だけではありません。キャンピングカーに乗ってわかった5つの事を紹介しましょう。

1)雨ならではの景色が楽しめる

 日本は雨が本当に多い! 特に最近は地球温暖化の影響もあってか降雨量も多く、その期間も長い様な気がします。雨は気分が憂鬱になるだけではありません。アウトドアライフの障害にもなります。まず、テント泊の場合、雨の中のテントの設営・撤収ほど、辛いものはありません。テントに付いた滴画像はこちら

 何とかテントが設営できても、雨水が足元を流れる状況では、快適に過ごせるはずがありません。その点キャンピングカーの中なら生憎の雨でも快適。考え方によっては、車窓から眺める雨の風景や靄に煙る森などは、神秘的であり、癒しにもなります。キャンピングカーの窓から見える富士山画像はこちら

 雨一滴もかかる事がない車内で、語らい、食事して、雨音を聞きながら眠りにつくという事もできます。雨の日は人も少なく、キャンプ場貸し切り状態なんて時もありますから、キャンピングカーだと「雨キャンファン」もいるくらいです。雨の中、テントをしまうキャンパー画像はこちら

2)四季を問わず快適な室内温度を保てる

 爽やかな涼風から眩しい日の光のぬくもりなど、アウトドアの気温の変化に身をゆだねるのは気持ちが良いものですが、冷暖房完備の快適な環境に慣れてしまった現代人にとって、アウトドアの寒暖の変化は必ずしも心地良い時ばかりではありません。夏のキャンプは紫外線が強い画像はこちら

 うだる暑さはじっとしていても全身から汗が噴き出る天然サウナ状態。下手をすると熱中症でダウン、なんて恐れもあります。逆に冬キャンプは、極寒の中で八甲田山の悲劇の様な状況になるかもしれません。そんな時でもキャンピングカーなら、エアコンが装備しているなら夏は冷え冷え、冬はFFヒーターでポカポカです。キャンピングカーなら夏はエアコン、冬はエアコンが効く画像はこちら

 特に、気温は快適な睡眠にも繋がるので、くるま旅では、非常に重要な要素となります。そんな「ぬくぬくキャンプ」は邪道だ! という方もいるかもしれませんが、自然の暑さや、寒さを体感したい場合は、その時だけ車外に出ればよいのですから、それも嬉しいですね。

画像ギャラリー