クルマ好き垂涎のブランド「AMG」! おいそれと手が出せない「超高額」が納得できる作り方と中身 (1/3ページ)

クルマ好き垂涎のブランド「AMG」! おいそれと手が出せない「超高額」が納得できる作り方と中身

メルセデス・ベンツ「標準車」と「AMG」は何が違う?

 ドイツの高級車メルセデス・ベンツの中でも、究極のハイパフォーマンスを追求したブランド「メルセデスAMG」。このメルセデスAMGは、標準車と比べてどのような違いがあるのだろうか?価格面だけでなく車の性能についても、どのような部分が違うのかスポットを当て紹介しよう。

【関連記事】幻の400馬力ツインターボFR「チェイサー」クーペ!「スーパーシルエット」は何故開催されなかったのか

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ3台絡み画像はこちら

「メルセデス・ベンツ」と「AMG」は違う会社だった

 現在ではメルセデス・ベンツのサブブランドとしてメルセデスAMGは位置づけられているが、メルセデス・ベンツとAMGはもともと異なる会社だった。まずはメルセデスAMGになる以前のAMGについて説明しておこう。

 1967年、創立者である「ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Hans-Werner Aufrecht)」と彼の兄「フリードリッヒ」、エンジニアの「エルハルト・メルヒャー(Erhard Melcher)」のわずか3人で創業し、アウフレヒトの生まれ故郷であるグローサスパッハ(Großaspach)のそれぞれの頭文字からAMG社となった。AMG創業当時のマーク画像はこちら

 その後、1978年には本社をグローサスパッハからアッファルターバッハ(Affalterbach)に移転。もともとは独立したチューナーだったAMG社は、その後2005年にメルセデス・ベンツの完全子会社となり、2014年からはメルセデス・ベンツファミリーに迎えられ、メルセデスAMGとしてメルセデス・ベンツのサブブランドとなった。車体後部左側に貼り付けられたAMGのロゴエンブレム画像はこちら

 ところでこのAMGの読み方は「エーエムジー」とそのまま読むのが正しく、ドイツ本国では「アーエムゲー」。日本ではなぜか「アーマーゲー」とも呼ばれることがあり、筆者の理解に苦しむところである。

標準車をベースにチューニングされた「AMGモデル」

 メルセデス・ベンツにはさまざまなグレードがあり、そのなかでもメルセデスAMGはハイパフォーマンスを発揮する最上級グレードとして位置付けられている。高級感を前面に打ち出す「メルセデス・マイバッハ」とは対極をなすのが「メルセデスAMG」だ。メルセデス・ベンツ標準車とメルセデスAMGの大きく違う部分についてまとめてみよう。ハイパフォーマンスを発揮する最上級グレードとして位置付けられているメルセデスAMG画像はこちら

 メルセデス・ベンツ標準車との違いで代表的な特徴のひとつとして、サーキットを走れるほどのハイパフォーマンス仕様であることが挙げられる。走行性能やデザインの面でも、大きく差があるメルセデスAMG。標準車をチューンしたハイスペックエンジンとスポット増しなどで強化した車体や専用の高性能A/T、サスペンションが組み込まれ、サーキット走行で高いパフォーマンスを発揮できるようにセッティングされている。標準車よりもハードな乗り味のクルマに仕立て上げられ、一味違った乗り心地やエンターテイメントを楽しめる事もAMGの大きな特徴だ。エンジン性能を受け止めるパーツとして、強化ブレーキシステムやAMGスポーツサスペンションも装備。サーキットを走れるほどのハイパフォーマンス仕様であるメルセデスAMG画像はこちら

 加えて日本ではAMGモデルをさらにチューンした「パフォーマンスパッケージ」、コンフォート性をアップした「エクスクルーシブパッケージ」、ドレスアップした「AMGカーボンパッケージ」が各モデルにオプションで用意されている。標準車のメーターとは異なり、AMGのロゴが入ったスピードメーターは300km/h以上刻まれているモデルもある(各モデルで異なる)。ただ、実際には各国の交通事情によりコンピュターでスピードリミッターがかかる仕組みになっている(例:250km/h)。330km/hまで刻まれたAMGモデルのスピードメーター画像はこちら

 各AMGモデル専用のアルミホイール、エアロパーツや4本エキゾーストマフラーなどが装着されるのもAMGの特徴である(各モデルで異なる)。モータースポーツの栄光を受け継ぐAMG専用グリルや新デザインのフロント・リアエプロン(エアロパーツ)、パワードームをあしらったボンネット、スタイリッシュなデザインのLEDヘッドライなど、そのスタイルは力強さと洗練を極めている。クルマ好き垂涎のブランド「AMG」! おいそれと手が出せない「超高額」が納得できる作り方と中身画像はこちら

 またAMGのエンブレムを付ける位置も決まっている。リアエンド左上にはAMGエンブレムを、リアエンド右上には各モデル表示のローマ字の後に数字2桁のエンブレムが付く(C63、SL63、GLC63 4MATICなど)。クルマ好き垂涎のブランド「AMG」! おいそれと手が出せない「超高額」が納得できる作り方と中身画像はこちら

 AMGは創業以来、FR(フロントエンジン・リアドライブ)モデルだけを発売してきたが、2013年にW212型 Eクラスがマイナーチェンジしたことに伴い、初めて4WDのAMGモデルであるE63 AMG 4MATIC(セダン/ワゴン)を発表。最近ではFFベースの4WDであるA35 4MATIC/A45 S 4MATIC+、CLA35 4MATIC/CLA45 S 4MATIC+が発表され、フラッグシップモデルのSクラスにもS63 4MATIC+ロングが設定されるなど、各クラスに4WDモデルを積極的に展開している。クルマ好き垂涎のブランド「AMG」! おいそれと手が出せない「超高額」が納得できる作り方と中身画像はこちら

画像ギャラリー