見た目はただの「セダン」中身は正真正銘「F1マシン」! アルファロメオ164プロカーという幻の衝撃作 (1/3ページ)

見た目はただの「セダン」中身は正真正銘「F1マシン」! アルファロメオ164プロカーという幻の衝撃作

市販車のイメージを残したレーシングカーは今も昔も大人気

 レーシングカーにはいろいろなジャンルがあるが、市販車のイメージを残したレーシングカーが一番好み、という人も多いだろう。それらのレーシングカーは、さらにいろいろなカテゴリーに分けられるが、なかでも派手なオーバーフェンダーやスポイラーをつけたマシンは、身近さと迫力を併せ持つことから、古くは「シルエット・フォーミュラ(Gr.5など)」、最近では「グランドツーリングカー(GTカー、クラス1、LM-GTE、GT2、GT3など)」といったカテゴリーが設定されていて、高い人気を誇っている。

【関連記事】魅惑のバックシャン! クルマ好きを魅了した「ダックテール」って何? 

スーパーGTに参戦するレーシングカーは市販車がベースとなっている画像はこちら

 しかし、ほぼ市販車のままのおとなしい外観とは裏腹に、F1マシンそのものというとんでもない中身を持ったレーシングカーが存在した。それが、「アルファロメオ164プロカー(PROCAR)」である。

外観は「セダンのまま」でも構造は完全にレーシングマシン

 車名につく「プロカー」とは、世界のモータースポーツを統括していた国際自動車スポーツ連盟・FISA(現在は国際自動車連盟・FIAに吸収されて消滅)が、1988年からF1のサポートレースとして開催を予定していた「プロカー選手権」を指す。プロカー選手権に出場するために製作されたアルファロメオ164プロカー画像はこちら

 プロカー選手権のレギュレーションは、車重750kg以上、自然吸気で12気筒以下の3.5リッターエンジンを搭載し、年間生産台数2万5000台以上のクルマの外観を模していれば良い、というユルいレギュレーションだった。FISAとしては、人気が高い市販車ベースの車体に、F1にも使えるようなエンジンを載せたマシンの参戦を促せば、F1への参加が増えると目論んだのであろう。

 そこでアルファロメオは、このレースに参戦を決定。車種は、当時のフラッグシップで、絶賛売り出し中だった「164」を選択した。開発は、アルファロメオがフィアット傘下に入っていたことから、フィアットグループのレーシングマシンを手がけていた「アバルト」が行なった。そのため、164プロカーは、アバルトの開発コード「SE046」も持っていた。市販モデルのアルファロメオ164画像はこちら

 参考までに、市販の164の写真も貼っておこう。こうして見ると、164プロカーの外観が、低い車高やリアスポ以外、おおむね164そのものだったことがわかる。しかし、中身には市販車の要素はほぼ皆無。アルミとカーボンで出来たシャーシは、アルファロメオがF1でタッグを組んでいた関係を生かし、ブラバム(MRD=Motor Racing Developments Ltd)に製作を依頼。アルファロメオミュージアムに展示されているブラバム・アルファロメオBT45画像はこちら

 カーボン製のボディは、プロトタイプレーシングカーのように大胆な3分割が可能だった。前後はそれぞれ一体成型とされていたため、通常のクルマのようなボンネット・トランク・リアドアの開閉はできなかった。カウルは分割式となっており、3つに分かれる画像はこちら

画像ギャラリー