ヘタに頑張るより「安全」だし「早い」! 自動駐車まであるイマドキ「駐車支援装備」の完成度が高すぎた (1/3ページ)

ヘタに頑張るより「安全」だし「早い」! 自動駐車まであるイマドキ「駐車支援装備」の完成度が高すぎた

ボタンひとつでラクラク駐車

 普段から運転をしていても「駐車は苦手」という人が結構多いが、運転に慣れていなかったり年配のかたなら尚更、難しい駐車のシチュエーションは避けたいと思っているのではないだろうか。だが最近では自動運転技術の開発とともに、駐車時の運転をサポートしてくれる機能を装備するクルマも増えている。そこで今回は進化し続ける駐車支援機能の最新事情をお届けしたい。

【関連記事】「車庫入れ」が超上手になる練習法を伝授!  JAF主催のセミナーが「驚きの充実度」だった

トヨタ「アドバンストパーク」

 ヤリスとヤリスクロス、そしてMIRAIにも搭載される駐車支援システムが「アドバンストパーク」だ。この機能では並列駐車と縦列駐車に対応するが、それぞれに白線のない駐車場でも対応できるメモリ機能を備えたことが大きな特徴となる。システムで使うカメラは4つ、超音波センサーは12個を備え、自車周辺360度を監視する。操作はステアリング操作に加えてアクセルとブレーキも車両側で操作してくれるが、一方でシフト操作は案内に従ってドライバーが切り替える。トヨタによれば、シフトバイワイヤ機能を持たない車種が現時点では多い状況を鑑みた対応だという。

【関連記事】「車庫入れ」が超上手になる練習法を伝授!  JAF主催のセミナーが「驚きの充実度」だった

ヤリスとヤリスクロス、そしてMIRAIにも搭載される「アドバンスパーク」の利用シーン画像はこちら

 素早い駐車が行なえるのも大きな特徴で、トヨタによれば従来のアシストに比べると所用時間はおおよそ半分程度で駐車を終えることができるという。なかでも「使える!」と思わせるのがメモリ機能だ。これは一度駐車した場所を憶えさせておくと次の機会にその状態と同じ位置へ駐車するもので、たとえば自宅の駐車場などで、真ん中ではなく左右どちらかに寄せて駐車したいときにも役立つ。この時は白線がなくてもOK。実用性の高さでピカイチの実用性を備えた駐車アシストと言えるだろう。ヤリスとヤリスクロス、そしてMIRAIにも搭載される「アドバンスパーク」が利用可能なシーン画像はこちら

画像ギャラリー