便利装備のひとつとして積極的に選びたい「回転シート」! 自分の環境にあったクルマの選択が重要だった (1/2ページ)

便利装備のひとつとして積極的に選びたい「回転シート」! 自分の環境にあったクルマの選択が重要だった

座席からの立ち上がりが楽になる

 福祉車両に設定がされている座席の回転シートは、乗用車では助手席側、ミニバンでは2列目に設定されている場合が多い。乗用車では、トヨタ・ヤリスが運転席側にも設定している。ここでは、回転シート車の特徴について紹介をしていこう。

 回転シートといっても、ただ座席が回転するものと、回転して車両の外側へ向いたあと、座席が外側へせり出すようにして少し着座位置が下がる回転スライド式というものもある。

【関連記事】「車庫入れ」が超上手になる練習法を伝授!  JAF主催のセミナーが「驚きの充実度」だった

ホンダN-WGNに設定されている回転シート画像はこちら

 乗車する人の背の高さや、足腰の具合などによって、回転するだけで済む場合と、回転したうえで座席が少しでも下がってくれる方がいい場合とがあるだろう。日産セレナの助手席回転シート画像はこちら

 ミニバンの2列目の座席が回転する例では、多くが回転スライド式で座席位置が少し下がりながら外へ出てくる。やはりトヨタの例だが、座席が外へせり出す際に、駐車脇の場所を広くとらずにすむよう、座席全体がやや傾斜しながら外へせり出す仕組みもある。この場合は、座席から立ち上がったり、座席へ腰かけたりする際も、より楽に利用できる利点がある。トヨタ・ヴェルファイアの後席回転シート画像はこちら

 いずれにしても、回転シートを利用する際には、乗用車のヒンジドアであれば大きく開ける必要があるし、回転スライド式の場合は座席が外へややせり出すことになるので、停車または駐車する場所に広さ的なゆとりが必要になる。トヨタ・ノアに設定された助手席回転シート画像はこちら

車寄せや駐車場の広さのゆとりを考える

 乗降がしやすいからという車両の機能だけで回転シートを選ぶと、自宅や出先などで利用しようとしたとき、駐車場所の広さを確保できず、結局使えなかったということにもなりかねない。そこで、高速道路のパーキングエリアなどでの障害者用の駐車枠は広くとってあるのだ。

【関連記事】「車庫入れ」が超上手になる練習法を伝授!  JAF主催のセミナーが「驚きの充実度」だった

高速道路のパーキングエリアに設けられた障がい者用の駐車場画像はこちら

 もちろん、はじめて訪ねる場所の停車または駐車場所の広さを事前に確認することは容易でないかもしれない。だが、少なくとも日常的にクルマで出かける場所があるならば、車寄せや駐車場の広さのゆとりを考えておくといいだろう。

画像ギャラリー