「福祉車両」なんて呼ぶからハードルが高いだけ! じつは誰にでも便利な機能が満載なクルマだった (1/2ページ)

「福祉車両」なんて呼ぶからハードルが高いだけ! じつは誰にでも便利な機能が満載なクルマだった

幅広い車種に広がったら便利すぎる!

 福祉車両にはいくつかの種類があるが、高齢者など含め、乗降を楽にする助手席回転シートという装備がある。福祉車両の中でも身近な車種の一つだ。これは、座席が外側へ回転することで、ドアを開けた際に腰かけやすく、また降りるときにも足を地面に着けやすい。

 これが、運転席にもあれば乗降がより楽になるのではないかと思っていたら、ヤリスの運転席に、ターンチルトシートというのが注文装備(メーカーオプション)として設定されている(一部装備できない車種がある)。トヨタ・ヤリスに設定されているターンチルトシート車画像はこちら

 操作は簡単で、運転席を回転できる位置まで前後移動して合わせ、そうすると座席脇のレバーが起き上がり、レバーを引き揚げながら回転させるとサイドシルの上まで座席が回転する。それによって、足を外へ出しやすくなるのだ。運転席を回転できる位置まで前後移動をしてレバーを引くだけ画像はこちら

 この機能は、たとえばスカート姿や、和服を着た場合にも便利であるはずだ。

 座席への乗り降りのしやすさについては、従来、イグニッションスイッチを切ると座席が後ろへ移動し、足元を広くして乗降しやすくする機能はあった。だが、一方でこの機能は、座った後にイグニッションを入れる際、現在はブレーキペダルを踏まないと作動しない仕組みになっているので、ブレーキペダルに足が届きにくくなる弊害もあった。トヨタ・ヤリスに女性が座っているイメージ画像はこちら

 また、ヤリスのターンチルトシートは、車高の高くなるSUV(スポーツ多目的車)にも有効ではないか。最低地上高が高くなるため、とくに降りるときには泥に汚れたサイドシルでズボンなどを汚しかねない。また、足が地面にすぐ届かず、飛び降りるような様子になることもある。ヤリスの回転シート前と回転シート後画像はこちら

 運転席への回転シートという機能は、もっと幅広い車種に広がったら便利で、楽だろう。

画像ギャラリー