いまカーオーディオカスタムが再燃! 専門店が語る「売れ筋」に意外な傾向が見えた (1/3ページ)

いまカーオーディオカスタムが再燃! 専門店が語る「売れ筋」に意外な傾向が見えた

オートバックスに聞いた コロナ禍での売れ筋スピーカー5選

 新型コロナ禍は1年以上続いている(2021年3月現在)。現在でも、外出自粛や飲食業などの営業時間短縮、テレワークの推進など、社会では様々な影響がもたらされ、生活や仕事には大きな変化が起っている。だが、一方で、こういった状況だからこそ売れている商品や、より需要が伸びているアイテムなども存在する。

 例えば、クルマのカスタマイズパーツ。大手カー用品量販店チェーンの「オートバックスセブン」によれば、カーオーディオ用品で意外な商品に人気が集まっているという。今まであまりカスタムをしなかったユーザーが、愛車のスピーカー交換や音質向上のためのアイテムを購入する例が増えているというのだ。そこで、ここでは、オートバックスセブンに聞いた、コロナ禍でよく売れているカーオーディオのパーツについて紹介する。

【関連記事】トラック野郎の憧れだった「動くアート」! 昭和を駆け抜けた伝説の「デコトラ」13選

コロナ禍が続くなかクルマ用品では今までと違ったものがオーディオ用品でも売れている画像はこちら

コロナ禍の影響にはどんな傾向があるのか?

 取材したのは、東京都江東区にある「A PIT オートバックス東雲」。広々とした敷地内には豊富な品揃えを誇る売り場はもちろん、ピットやカフェなども備えたオートバックスグループのフラッグシップ店だ。

【関連記事】トラック野郎の憧れだった「動くアート」! 昭和を駆け抜けた伝説の「デコトラ」13選

A PIT オートバックス東雲画像はこちら

 話を聞かせてくれたのは、同店でカーライフアドバイザーを担当する清水克美さん。清水さんによると、特にスピーカーでは、今までの売れ筋とは違う商品がよく売れるという。

「従来は、3万円~5万円くらいの価格帯で、音質がいい製品がよく売れていました。そういったお客様は、私共に様々なご質問やご相談をされて、取り付けもご依頼を頂くケースがほとんどでした。

 ところが、コロナ禍の影響が出てからは、1万円以下の比較的リーズナブルな製品をご購入頂くお客様も増えました。取り付けもご自分でやられているようです。恐らく、外出自粛などで自宅時間が長くなったことにより、今までできなかったスピーカーのカスタムを、せっかくならDIYでやってみようといった方が増えたのでしょうね」。カーライフアドバイザー清水克美さん画像はこちら

 ちなみに、1万円以下のスピーカーが売れているのは、清水さんいわく、「自分で交換し失敗したことを考えると、リーズナブルな商品の方が諦めもつきやすからでは」とのこと。高価なスピーカーを購入し、いきなりDIYで失敗したら、財布にもかなりの痛手。あくまで仮定だが、恐らくそういった商品を購入するユーザーは、あまりDIYカスタムに慣れていない人も多いのだろう。

画像ギャラリー