まさかのMTモデルもアリ! いま買えるワークス謹製「お買い得」SUV3選 (1/2ページ)

まさかのMTモデルもアリ! いま買えるワークス謹製「お買い得」SUV3選

国産3大メーカー入魂のコンプリートSUV!

 

 欧州で大ブレイクしたコンパクトクロスオーバーSUVの勢いは日本にも飛び火。日本でも人気急上昇中となっているジャンルだ。ここ1年ほどでも、トヨタ・ヤリスクロスに日産キックスなど新型車が日本でデビューし、ホンダ・ヴェゼルはもうすぐ新型がデビューする予定となっている。
 今回注目するのは、そんなBセグメントクロスオーバーSUVだが、ごくごく普通のモデルではない。メーカーがスポーティにチューニング、もしくはドレスアップしたコンプリートカーだ。

6速MTモデルもラインアップ! トヨタC-HR GR SPORT

 トヨタC-HRが大ヒットした理由は、スポーティなスタイルだ。SUVとは思えないほど低く構えたフォルムはダイナミックで躍動的。そんなスポーティな雰囲気を重視し、走りを磨き上げたのが2019年10月に追加された「GR SPORT」である。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

コンパクトSUVの紹介記事画像はこちら トヨタがモータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを生かして走りを味付けしたモデルで、センターブレースによりボディを補強した上で専用サスペンション(スプリング&ショックアブソーバーとスタビライザー)を装着。さらにタイヤは19インチを履き、電動パワーステアリングも専用の制御となっている。
 エクステリアは専用のエアロパーツを装着し、インテリアもガーニッシュなどにとどまらず、ステアリングやシートもGR専用品を組み合わせるなどトータルでコーディネート。見るからに標準車とは違うオーラをまとう。コンパクトSUVの紹介記事画像はこちら そんなC-HR GR SPORTの特徴は3つある。
 まず、19インチという大きなタイヤを履きつつも乗り心地の犠牲が全くないこと。照準はあくまでサーキットではなく日常走行からワインディングや高速道路とし、ストリートカーらしく乗り心地も重視しているのだ。筆者は実際にノーマルと乗り比べたことがあるが、雑味のないスッキリとしたハンドリングでありつつも、路面の衝撃を巧みにいなす足は標準車よりも乗り心地が優れているのだから驚いた。コンパクトSUVの紹介記事画像はこちら ふたつめは、マニュアルトランスミッション(MT)が選べること。パワートレインは1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドと1.2Lターボエンジンだが、後者はなんとMTがある。というか、MTしか選べないのだ。このクラスでは希少であり、MT好きにはありがたい。

コンパクトSUVの紹介記事画像はこちら そして3つめは、価格がリーズナブルなことだ(ガソリン車/FF:278万2000円税込/ハイブリッド/4WD:301万3000円税込)。上級グレードの「G-T」や「G」に対して10万円ほどしか高くないのだからバーゲンプライス。その理由は他のGR SPORTと違いリヤバンパーは標準車と同じものを組み合わせていることや車体のベースを上級グレードではなくベーシックグレードの「S」や「S-T」としているからだ。とはいえ「G」や「G-T」に比べて足りない装備は「イルミネーションランプ」「スーパーUVカットガラス」そして「ブラインドスポットモニター」程度だから、お買い得感は高い。コンパクトSUVの紹介記事画像はこちら

画像ギャラリー