「HONDA」の記事一覧

「HONDA」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    「F1やめます」「エンジンもやめます」! そんなホンダが「新型シビックタイプR」を開発する理由とは?

    この記事をまとめると ホンダは2040年までにすべてEVもしくは燃料電池化すると宣言 NSXやS660、F1など走りの象徴がどんどん終了に タイプRは電動化でも走る楽しさをアピールする絶好のブランド

    続きを読む...

    8000回転オーバーまでギンギンに回るVTEC! カミソリのように鋭かった歴代「シビックタイプR」伝説

    この記事をまとめると 北米生産のシビックタイプRがニュルでテストを開始 タイプRといえば高性能NAエンジン搭載でファンを魅了 歴代シビックタイプRのNAモデルを振り返る

    続きを読む...

    「水中メガネ」の愛称でお馴染み! ホンダらしさ全開だった軽スペシャリティ「Z」

    軽スペシャリティの先駆け! 狭山工場の歴史が詰まったZ360を振り返る 1970年10月、後に「水中メガネ」の愛称で親しまれた初代ホンダZ(以下、Z360)が発売された。 このZ360は、Nシリーズの「NIII360」を...

    続きを読む...

    まさに「走るラブホ」だった「S-MX」! メーカー自ら「恋愛仕様」と謳う「究極の車中泊カー」だった

    若者をターゲットに攻めた車中泊仕様として登場! ホンダ・オデッセイやステップワゴンといった名車を世に送り出した、「クリエイティブムーバー」シリーズの第4弾として1996年に登場したS-MX。 明らかに若者にターゲットを絞...

    続きを読む...

    2022年にまさかの復活! 日本導入も期待したい「インテグラ」の歴史をプレイバック

    歴代モデルでスポーティさを追求してきた S660や2代目NSXの販売終了など、スポーツのホンダのイメージが薄れていくのは悲しい限り。脱炭素は仕方がないことで、今後もこの流れは続くのだろう。そこで、今回は忘れちゃいけないス...

    続きを読む...

      「タイプR」でも「SiR」でもないのになぜ? 新型シビックに6速MTが採用された理由とは

      ホンダらしさへの原点回帰 ホンダは、ハッチバックスタイルの11代目シビックを2021年9月3日に日本国内で発売する。昨今、日本を含めグローバルで電動化シフトが進むなか、新型シビックの初期設定モデルは1.5L VTECター...

      続きを読む...

      1 / 41234