往年のレーシングマシンが幕張に集結! オートモビルカウンシル2021開催 (1/2ページ)

往年のレーシングマシンが幕張に集結! オートモビルカウンシル2021開催

今年も稀少なヘリテージカーが見られる稀少なイベント

 新型コロナウイルスの影響で、東京オートサロンや大阪オートメッセなど各地でイベントが中止になっているが、自動車業界では今年で6回目の開催となる「AUTOMOBILE COUNCIL 2021(オートモビルカウンシル)」が本日より4月11日(日)までの3日間、千葉県・幕張メッセで行われている。

【関連記事】超人気アニメ&映画でも大活躍! 名車「フィアット500」が今なお愛されるワケ

AUTOMOBILE COUNCIL 2021画像はこちら

 毎年テーマを設定し稀少なヘリテージカーの展示が見られることや専門ショップによるその場での商談(購入)ができるという日本でも数少ないイベント。

 自動車関連グッズの販売も行っていたりするため、すでに旧車ライフを楽しんでいる人から、これから旧車趣味を始めたい人まで足を運びやすい内容となっている。嬉しいことに会場はワンフロアに凝縮されているため、普段はそれぞれに距離がある販売店であればなおさら立ち寄りやすく、1度に多くの店舗に足を運びにくい人には嬉しい内容だ。AUTOMOBILE COUNCIL 2021画像はこちら

闘うラリーカーの美しさを間近で堪能できる

 主催者側がセレクトしたメイン展示車は、イタリア車のラリーカー好きなら冷静にはいられない4台。「時代を進めたラリーカーの戦闘美」をテーマにランチア・フルヴィア・クーペ 1.6HF、ランチア・ストラトス HF Gr.4、フィアット・アバルト 131ラリー、ランチア・ラリー037エボリューション2が展示されている。実車をなかなか見ることができないため、同車のミニカーを集めている人も多いのではないだろうか。AUTOMOBILE COUNCIL 2021画像はこちら

 ほかにも、かつて「ラリーの日産」と呼ばれ、一世を風靡したマシンたちが会場に持ち込まれた。1970年式ダットサン・ブルーバード 1600SSS、1972年式ダットサン240Z、1982年式ダットサン・バイオレットGT、1982年式ニッサン240RSの4台だ。またスバルからは、1998年式スバル・インプレッサ 555 WRC、2008年式スバル・インプレッサ WRCが展示されてもいる。時代とともに進化を遂げてきたマシンたちを目に焼き付けてほしい。AUTOMOBILE COUNCIL 2021画像はこちら

画像ギャラリー