「ひと踏み惚れ」して即買い! 元オーナーが語る「初代セルシオ」の「スポーツカー」並みのダッシュ力 (1/2ページ)

「ひと踏み惚れ」して即買い! 元オーナーが語る「初代セルシオ」の「スポーツカー」並みのダッシュ力

世界の高級車の常識を覆したトヨタ初代セルシオ

 1989年、トヨタは北米で立ち上げる新たな高級ブランド「レクサス」のために高級車「LS400」を開発。日本では「セルシオ」名でデビューさせた。そのクオリティに世界中の高級車メーカーは驚いたという逸話を持つ伝説的名車だ。では一体、新車当時はどのような乗り味だったのか? モータージャーナリストの津々見友彦が往時を振り返る。

クラウンを超える上級車種として市場投入

 1989年、レクサスLS400の日本版がセルシオがデビューした。目を見張ったのは洗練されたスタイリング。オーナーズセダンのクラウンを超える上級車種! それにふさわしくスッキリとした面が美しいサイドデザイン。

【関連記事】「ジムニー」「シャンテ」「フロンテクーペ」!  我が青春の「2スト」国産名車4選

画像はこちらフロントからリヤまで、不要な凹凸感がない。ボディサイドはブリスターのフェンダーが程よくセクシー。特に好きだったのがリヤ。面のスムーズな美しさに加え軽く跳ね上がるダックテールがたまらない。セダンながらスポーティなルックスが心憎かった。

ドイツ製高級車をも凌駕したインテリア

 インテリアもダッシュパネルやセンターコンソールはウッド張りでメルセデス・ベンツ、BMWなどの高級車の雰囲気がある。画像はこちらシートも硬めで、ドライバーの身体のホールド性がよく、それまでソフトでフワフワ感の国産乗用車と異なりヨーロッパ車そのもの。画像はこちらメーターも衝撃的だ。くっきりと細い線まで見える“自発光式”のアナログタイプ。キーをひねる度に美しく浮かび上がり見とれてしまう。画像はこちら

画像ギャラリー