「軽キャンピングカー」は本当に使えるのか? 北海道「ほぼ1周」ガチで「2週間車中泊」してわかったこと (1/4ページ)

「軽キャンピングカー」は本当に使えるのか? 北海道「ほぼ1周」ガチで「2週間車中泊」してわかったこと

軽自動車のキャンピングカーは「車中泊」ベストなのか

 新型コロナウイルス禍が始まって以来、キャンピングカーの販売は宿の予約などに縛られない自由な旅ができるのに加え、プライベートな空間を持てることなどを理由に絶好調となっている。筆者は3年ほど前に雑誌「CARトップ」の企画で軽1BOXバンベースのキャンピングカーを約2カ月間お預かりしアウトドアなどに使った後、そのまとめとして東京から有料道路を使わず北海道をほぼ1周するという約2週間の旅をしたことがある。ここでは北海道ほぼ1周の旅の様子を振り返りながら、キャンピングカーの魅力を改めて考えてみた。

 

苦楽を共にした相棒の「給電くん」

 このときお預かりした軽キャンピングカーはオートワン(神奈川県藤沢市)が制作した、スズキ・エブリイのターボ+4WDをベースにサブバッテリーとソーラーパネルの装着により電気が使える点が大きな特徴となっている「給電くん」だ。

【関連記事】リモートワークが捗りすぎる「働き方改革」! 「車内ライフハック」快適ツール5選

軽のキャンピングカーで車中泊をしながら北海道を1周旅してみた画像はこちら現在の価格は消費税込みで180万円程度からとなっており、筆者がお預かりした「給電くん」はエンジンを掛けずに燃料タンクのガソリンを使って暖を取れるFFヒーターや電子レンジといったオプションを多数装着していたこともあり、250万円から300万円する仕様だった。軽のキャンピングカーで車中泊をしながら北海道を1周旅してみた画像はこちら

 乗った印象はキャンピングカー化による重量増はあるが、ターボ車だったためパワー不足などはなく、乗り心地はむしろよくなった印象。全体的には普通の軽1BOXバンである。また「給電くん」はリヤシートがそのままのため(就寝は後席を倒してできたスペースにマットを敷く)、4人乗車+荷物という使い方も可能な点も非常に便利だった。軽のキャンピングカーで車中泊をしながら北海道を1周旅してみた画像はこちら

画像ギャラリー