1400万円なら大バーゲン? まだまだ「新車」で買えるクラシック・ミニ (1/2ページ)

1400万円なら大バーゲン? まだまだ「新車」で買えるクラシック・ミニ

ミニはミニでも“新車”のミニを知っているか

 2020年のオートモビルカウンシルでは、1台のクラシック・ミニと強烈な出会いがありました。ボディをマットホワイト、キャビンとルーフを淡いブルー、と2トーンに塗り分けられ、まるでファッション雑誌にでも登場するような出で立ちもさることながら、それよりも何よりも1600万円というプライスタッグに驚かされたのです。昔憧れていた人がミニを愛用していて、個人的にクラシック・ミニは好きなクルマなのですが、派手な佇まいと非現実的なプライスタグで、個別に取材することなく幕張メッセを後にしたことを覚えています。

【関連記事】インテグラに続け! ぜひ復活してほしいファン待望の「国産名車」9台

1600万円の「MINI REMASTERED」画像はこちら

 ところが、2021年4月に行われたオートモビルカウンシルでも1台のクラシック・ミニに目がとまりました。シックなマルーンのボディカラーにルーフはホワイトと、クラシック・ミニらしい2トーン。そして足元はブラックのミニライトで引き締められ……、とルックスは(あくまでも個人的な趣向ですが)好印象でした。ただしプライスタグは1400万円からとなっていて(これまた個人的な感覚ですが)非現実的な価格設定でした。2021年オートモビルカウンシルに出展の「MINI REMASTERED」画像はこちら

 それでも好印象にひかれて取材したところ、このクラシック・ミニの、とてつもない出自が明らかになりました。実はこの個体、新たに製作されたMini Remasteredと呼ばれる“新車”でした。どおりでクルマが光り輝いていた訳です。それでは、Mini Remasteredが新たに製作された状況について少し詳しく解説しておきましょう。

イギリスにはMINIの交換用ボディシェルがある

 そもそもクラシック・ミニは1959年に登場した小型乗用車で、4気筒エンジンをフロントに横置き搭載して前輪を駆動するという現在のほとんどの小型車に通じるパッケージングを実現した、自動車史上に残るエポックメイキングな傑作車です。それを生みだしたのはブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)の設計技師を務めていたサー・アレック・イシゴニス。ADO(Austin Drawing/Design Office)15のプロジェクト名で開発された後、合併してBMCを誕生させたオースチンとナッフィールドによってオースチン・セブン、モーリス・ミニ・マイナーの名で販売されることになりました。

 ここから先、オースチン・セブンとモーリス・ミニ・マイナーの発展と、BMCの混乱は、それだけで1冊の本が書けるほど、まさにネバーエンディングストーリーとなるのでここでは割愛しますが、1994年にBMCの末裔ともいうべきローバー・グループがBMWに吸収され、2000年の10月には最後のクラシック・ミニがラインオフしています。そして2001年からはBMWがプロデュースするニュー・ミニが誕生し、今日に至っているのはファンならずともご承知のとおりです。2000年に最終バージョンとなったクラシック・ミニ画像はこちら

 さて、イギリスでは旧車の人気も高く……正確に言うと世界的に旧い英国車の人気が高く、そのためのパーツ供給メーカーも数多く存在しているようですが、中でも最大手とされるブリティッシュ・モーター・ヘリテイジ社では何と、クラシック・ミニ(の中でも極初期型のMk1)の交換用ボディシェルを発売しているのです。150万円ほどで購入できるそうですが、この交換用ボディシェルを手に入れて、手持ちのクラシック・ミニからコンポーネントを移植すれば、新車然としたクラシック・ミニに生まれ変わるということなのです。現代版クラシック・ミニ「MINI REMASTERED」のピット画像はこちら

 これまでにもジャガー製のシャーシやパワートレインを使ってオリジナルモデルをリリースしてきたイギリスの新興メーカー、デビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive=DBA)ではそれを受けて、オリジナルのクラシック・ミニを製作することを決定しました。オートモビルカウンシルで見かけたクラシック・ミニはそんな中の1台でした。

画像ギャラリー