なぜイギリスにスティーブ・マックイーンの「ポルシェ917K」が!? 見どころたっぷりの「英国自動車博物館」 (2/2ページ)

英国自動車博物館

 最後に紹介するのはヒースロー空港から北西に80マイル(約130㎞)程離れたゲイドンにある英国自動車博物館。

【関連記事】人気マンガやアニメに名車が登場! クルマ好き以外にも注目され一躍話題になった旧車7選

英国自動車博物館画像はこちら イギリスの自動車メーカーは合従連衡を繰り返して衰退していきましたが、こちらは紆余曲折の末にしっかりとした運営基盤が確立されています。少しだけその歴史を振り返ると、1970年代にブリティッシュ・レイランド(BLMC)の歴史的車両を保存管理するために、BLMC社内の1部門として設立されています。その後BLMCがローバー・グループに移行し、BMWに買収された後にフォードに売却されるなど、まさに変遷が続いていましたが、現在では英国自動車産業遺産信託となってBLMC以外のメーカーの車両も保存管理することになり「ヘリテージ・モーター・センター」として新たな一歩を踏み出しています。1896年ウーズレイ・オートカー 画像はこちら さらに2015年には展示館が大幅にリニューアルされ、翌2016年からは英国自動車博物館と改名して現在に至っています。この経緯からも明らかなように、この博物館はまさにイギリスにおける自動車産業の歴史そのもの。収蔵展示車両も19世紀末期のウーズレイやディムラーから今世紀のモデルまで実に多くのモデルが収められており、展示されているのはその一部に過ぎません。1908年オースチン100HPグランプリ・レーシングカー画像はこちら 特に、ジャガーが閉鎖したジャガー・ディムラー・ヘリテージセンターから収蔵車両をすべて引き受けたために、ロードモデルからレーシングカーまで、歴代のジャガーが展示されているコーナーは圧巻でした。1950ジャガーXK 120オープン2 シーター(Roadster)画像はこちら 個人的にはジャッキー・スチュワートがドライブしたマーチ701・コスワースが目的の1台でした。マーチ701・コスワース画像はこちら が、実際に訪れてみたら、ローバーBRM(ガスタービン)のル・マン・カーに出会えて、感激したことが今も忘れられません。ローバー・BRM画像はこちら

 この英国自動車博物館も、先に紹介したふたつの博物館とともに、イギリスを訪れるなら絶対に見ておきたい博物館。お奨めです!!

画像ギャラリー