日本が誇る「商用車の王様」!「ハイエース」54年の歩みをプレイバック (1/3ページ)

日本が誇る「商用車の王様」!「ハイエース」54年の歩みをプレイバック

商用バンから幼稚園バス、レジャービークルまで多様性を誇るハイエース

 1BOXカーのトヨタ・ハイエースはビジネスユースをはじめ、今でいう多人数が乗れる「ミニバン」、バイクなどが積める「トランスポーター」やキャンピングカーのベースといった「レジャーユース」まで、いろいろな使い方が出来るクルマだ。1967年の登場以来、日本の1BOXカーのトップブランドとなっており、ここでは5世代で54年という長い歴史を持つ歴代ハイエースを振り返っていく。

【関連記事】35周年を迎える「フレンチブルーミーティング」!  今年もオンライン開催が決定

トラックからの派生モデルではなく1BOXバンとして開発

【初代モデル/10系/1967年発売】

 初代ハイエースはトラックのトヨエースの弟分となるキャブオーバーの1BOXカー&トラックとして登場。とくに1BOX系はトラックベースではなく、積載量拡大などのため最初から1BOXカーとして開発された点が当時としては画期的だった。

【関連記事】35周年を迎える「フレンチブルーミーティング」!  今年もオンライン開催が決定

歴代ハイエースを振り返る画像はこちら

 車型は基本となるデリバリーバンと呼ばれた商用バン、12人乗りと15人乗りのコミューター、仮眠などにも便利なフルフラットシートを装備した9人乗りワゴン、ダブルキャブなども持つトラックの4タイプをラインアップ。多人数乗車が可能な15人乗りコミューターは、現在でいうスーパーロングボディ(ロングホイールベース仕様)を採用した。歴代ハイエースを振り返る画像はこちら

 また、後にスーパーロングボディは救急車のベースとしても使われ、商用バンのスーパーロングボディも加わっている。歴代ハイエースを振り返る画像はこちら

多様なニーズに応えるべく3車型にそれぞれ豊富なボディタイプを設定

【2代目モデル/20系・30系・40系/1977年発売】

 2代目モデルは機能性、居住性、安全性の向上を主なテーマに開発され、商用バン、コミューター、トラックという3車型で登場し、その2カ月後にワゴンが加わった。歴代ハイエースを振り返る画像はこちら

 それぞれの車型のボディバリエーションは、商用バンでは標準ボディ/ロングボディ/スーパーロングボディ、コミューターは標準ボディ(12人乗り)/ロングボディ(15人乗り)/スーパーロングボディ(15人乗り)、ワゴンは9人乗り/10人乗り、トラックは平ボディ/ダブルキャブ/パネルバン/オープンバン(パネルバンの屋根が開閉可能な幌仕様)と豊富で、2代目モデルから現行モデルにも通じるハイエースの特徴であり魅力とも言える豊富なバリエーションが確立され始めた。歴代ハイエースを振り返る画像はこちら

画像ギャラリー