クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 「JTCCチェイサー」に「TS010」! ル・マンウィナー関谷正徳が愛したレーシングカー7台
SPORT
share:

「JTCCチェイサー」に「TS010」! ル・マンウィナー関谷正徳が愛したレーシングカー7台

投稿日:

TEXT: 西川昇吾 PHOTO: TRD/Auto Messe Web

関谷正徳の心に残った「レーシングマシン」達

 日本人初のルマン24時間総合優勝を成し遂げ、日本モータースポーツ界を代表するレジェンドドライバーである関谷正徳さん。そんな関谷氏は自身のキャリアの中で、フォーミュラやハコ車など、ありとあらゆるレーシングマシンを乗りこなしてきました。その中から印象的だったマシンを聞いてみました。関谷正徳

TS010はキャリアの中で最高性能のマシン

 Cカーやツーリングカー、フォーミュラカーとさまざまなカテゴリーでレースをしてきた関谷さんですが、その中で印象的だったマシンを教えてください。

「色々あるけど、やっぱり一番はTS010だね。ルマンで2位になれたというのも非常に思い出深いけど、自分のキャリアの中で最高性能のマシンだった。グループCの規定が変わって3.5Lの自然吸気V10エンジンになったわけだけれど、1万1000rpm回る高回転エンジンはNAながら750psを発生していた。それを750kgという軽量な車体に搭載していて、レギュレーションの中でとても良くできたマシンだったよ。高回転型NAエンジンは音もよかったし、何より高回転を常用して24時間を走り切ったのは素晴らしいね」

Cカーの進化を実感した85Cと92CV

 グループCというと関谷さんは、黎明期から最後まで乗られたわけですが、ほかにも印象に残っていたり、思い出深いマシンはありますか?

「もちろん。色々あるけど、その中でもルマンに初めて出たときに乗った85Cと、グループC旧規定最後の92CVはとくに思い出深いね。85Cは450ps程度しかパワーがなくて、正直遅かったよ。ルマンのストレートでは当時の主役とも言える存在だった962Cとのスピード差にビックリしたね。85CそこからグループCで戦い続けて、最終的に92CVまで進化していくわけだけども、85Cと比べると92CVはとてつもない進化をしたんだ。

91C-V

写真は92C-Vの前身マシン91C-V

 4気筒ターボだったエンジンはV8ターボになって、パワーも1000psオーバーに。モノコックもアルミからカーボンになって剛性も上がった。92CVはグループCの完成形とも言えるマシンだったよ」

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS