F1日本GPに続きWRCも……ラリージャパン2021は無念の開催断念と正式発表

F1日本GPに続きWRCも……ラリージャパン2021は無念の開催断念と正式発表

この記事をまとめると

■2020年もコロナ禍の影響で開催を断念
■2021年シーズンは開催に向け準備が進んでいた
■2022年の開催に向けて気持ちを切り替えた

開催準備は着々と進んでいたのだが……

 2021年11月11日(木)~14日(日)の4日間、愛知・岐阜で開催が予定されていたFIA世界ラリー選手権(WRC)「フォーラムエイト・ラリージャパン2021」の開催中止が、9月7日に発表された。

【関連記事】TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンクに帰ってきた! GR86とレクサスLCの2台が4時間耐久レースに参戦

ヤリスWRCの走り画像はこちら

10年ぶりに開催される予定だった2020年に続く開催断念

 ラリージャパンは、日本側の積極的な誘致活動の結果、10年ぶりの日本国内でのWRC開催となる2020年シーズンのFIA世界ラリー選手権(WRC)から、そのカレンダーに組み込まれた。だが、その2020年大会に続き2年連続での開催断念に至っている。

ラリージャパンが残念ながら2021年も中止画像はこちら 7月にはラリーガイド1も発行され、着々と準備が進められてきたが、このコロナ禍での開催はやはり厳しいという判断であった。「ラリージャパン2021実行委員会」から発表されたリリースでは、鈴木賢志ラリージャパン2021実行委員会会長は以下のようなコメントを寄せている。

「フォーラムエイト・ラリージャパン2021が開催断念となり、楽しみにしていた皆様には大変申し訳なく思っております。また、開催実現に向けて尽力いただいていた皆様には、心より感謝申し上げます。このコロナ禍をなんとか克服し、2022年に日本の地でWRCが開催できるよう尽力して参ります」

 ラリージャパン開催となる地元では、愛知県豊田市と岐阜県恵那市でロケが行われた映画「僕と彼女とラリーと(10月1日公開/主演・森崎ウィン)」の先行上映もされるなど、盛り上がりをみせていた。それだけに残念な結果となってしまったが、現在開催申請中の2022年のラリージャパン開催を心待ちにしたい。

画像ギャラリー