ソロツーリング最良のお供「ハンターカブ」! アウトドアでも効果バツグンの「ステアリングダンパー」を自力で装着してみた (1/2ページ)

ソロツーリング最良のお供「ハンターカブ」! アウトドアでも効果バツグンの「ステアリングダンパー」を自力で装着してみた

CT110ハンターカブを自分好みにDIY!

 イラストレーターでDIYが大好きな阿部忠雄さんが、26年所有するホンダCT110 ハンターカブ。キャンプツーリングの相棒として、自分好みにカスタマイズを続けている。そんな阿部さんがこれまでいじってきたなかで、「これはオススメ!」なモディファイをお伝えしよう。今回は中古のステアリングダンパーを装着!

CT110ハンターカブにステアリングダンパーを装着する

 カブのように小柄な車体で、細いタイヤを履いているバイクは、走行中の路面状況に敏感すぎる傾向があります。路面の変化を拾いすぎてハンドル操作が安定しないのです。ダートはもちろんのこと、例えば峠道などによくある、融雪剤の流れを導くための細い縦ミゾが刻まれたカーブを走るときなどは、あらぬ方向に流されそうになりドキリ!とすることもしばしばです。CT110ハンターカブ

 アスファルト道路の左端の波打つような凹凸も要注意です。大型バイクなら軽くいなせるような状況でも、カブなどの小型バイクだとハンドルの取られ方が違います。そんな神経質すぎるハンドリングを、角の取れた滑らかな動きに変えてくれるのが「ステアリングダンパー」、通称「ステダン」なのです。

他車種のステアリングダンパーを流用

 大型バイクの場合は、高速コーナーでのキックバックの抑制で威力を発揮する重要パーツです。もちろんカブでもコーナリングの安定性が格段に高くなりますが、荒れた路面にせわしなく敏感に反応するハンドルを、マイルドに制御できることのほうが装着する意味合いが高いでしょう。15年ほど前になりますが、わがハンターカブにもステダンを導入することにしました。とはいえ、ほかのバイク(CB450K1)に装備していたステダンを新品と交換したあとの「お下がりのステダン」です。CT110ハンターカブ

 このステダンには、過去にメンテナンスのために分解した記録が残っています。分解に至った不調の原因は、オイルにエアーが入ったらしく、シャフトのスライドとともにチューッという異音が出て、ダンパー効果の抜けが感じられたことです。オイル漏れはありませんでしたが、内部がどうなっているのか知りたかったことも手伝って、興味津々で分解したことを憶えています。

イラストレーターの阿部忠雄さんが26年所有するホンダCT110 ハンターカブ。キャンプツーリングの相棒として、自分好みにカスタマイズ中。今回はステアリングダンパーを装着してみた