じつはマジでうらやましい! ヤセ我慢してたけど旧車に後付けできたら便利な「最新装備」4選 (1/2ページ)

じつはマジでうらやましい! ヤセ我慢してたけど旧車に後付けできたら便利な「最新装備」4選

この記事をまとめると

■今当たり前の装備が採用されていないことが多い
■なかには後付けできる装備もある
■安心安全のために欲しくなる装備を中心に紹介

快適ドライブのために欲しくなる装備や機能ばかり!

 クルマの性能は日進月歩であり、ひと昔前では夢物語だと思われていたような装備ですら実装されているものもある。そのため、快適性で言えば明らかに現行型の車両の方が上であることはわかっているのだが、昔ながらの乗り味やフィーリングを求めて旧車に乗り続けるユーザーもまた少なくない。

 しかし旧車オーナーであるとはいえ、最新モデルに備わっている装備をすべて毛嫌いしているわけではない。そこで今回は、旧車オーナーがうらやましく感じる現代の装備を独断と偏見でいくつかピックアップしてみたい。

エアコン

 旧車にエアコン(クーラー)は邪道! なんていう声もひと昔前では聞かれることもあった。だが、真夏になると日常的に40度近い気温となる昨今では、エアコン(クーラー)のない旧車に乗ること自体が自殺行為とも言えるほど。

【関連記事】アウトドアの頼もしき相棒「ハンターカブ」! 意外と難しい「燃料タンク」のサビ取りをしてみた

エアコンスイッチ画像はこちら 一部の旧車では当時モノのエアコン(クーラー)が備わっている車種も存在するが、利きの面では現代の車両におよばないこともしばしば。そんなときはやはり、現代のクルマのように炎天下でもガンガンに効くエアコンがうらやましく思えてしまうのである。

アダプティブクルーズコントロール

「機械を動かしている」というダイレクト感が楽しい旧車ではあるが、ほとんど変化のない単調な高速道路での移動などはその楽しさを感じることは難しい。ただただ目的地に近づくため、淡々と運転をすることになる。

ACCのスイッチ画像はこちら そんなときにうらやましく感じるのが、前走車に合わせて加減速をしてくれるアダプティブクルーズコントロールの存在だ。なかにはステアリングのアシストをしてくれるものもあり、退屈な長距離移動が圧倒的に楽になる。そのため、イベントに参加するための遠征中などに欲しくなることが多々ある。

画像ギャラリー